17年前の今日3回目のインターコンチネンタル杯を獲得

動画を見る

レアル・マドリードはオリンピア・アスンシオンを破り2002年の世界チャンピオンのタイトルを獲得
レアル・マドリードが2002年12月3日、クラブ史上3回目となるインターコンチネンタル杯を勝ち取った。ロス・ブランコスはセンテナリオの年にノベナUEFAスーパーカップに続いて年間3タイトル目を手にした。この試合の最優秀選手に選ばれたロナウドが14分に先制点を決めた。
 
横浜(日本)での試合でもう1点を挙げたのはグティ。 試合終盤にヘディングシュートを決めた。パラグアイのオリンピア・アスンシオに対し2-0とし、レアル・マドリードは計7回世界チャンピオンとなっている中の3回目のタイトルを掴んだ。

試合データ:
2-レアル・マドリード: Casillas, Salgado, Hierro, Helguera, Roberto Carlos, Makelele, Cambiasso (Pavón, 90分), Figo, Raúl, Zidane (Solari, 86分), Ronaldo (Guti, 82分).

0-オリンピア: Tavarelli, Isasi, Zelaya, Pedro Benítez, Jara, Orteman, Cáceres, Enciso, Córdoba (Báez, 65分), Benítez (Caballero, 81分), Hernán López.

得点:
1-0 (14分): ロナウド.
2-0 (84分): グティ.

スタジアム: 横浜国際総合競技場(日本).