0-4:好プレー連発でゴールラッシュ

動画を見る  ギャラリーを見る

  • リーガ
  • 13節
  • 09/11/2019
イプルア
0
4
終了
サマリーへ
レアル・マドリードはエイバルにチャンスを与えず、ベンゼマの2ゴール、ラモスとバルベルデのゴールで素晴らしい試合を成し遂げた
レアル・マドリードはエイバルで見事な勝利を収め、好プレーを連発し、2ゴールのベンゼマ、セルヒオ・ラモスとバルベルデのゴールによりゴールラッシュを記録した。キックオフからロス・ブランコスの意図が何であるかに疑いはなかった。3分、オフサイドで無効になったがベンゼマがシュートをポストに当て、マドリードが右サイドのルーカス・バスケスの次のアクションでエイバルを押し込み、外に出るのを大いに苦しめた。

試合がメンディとエスカランテの衝突で中断された後、アザールベンゼマのカウンターでドゥミトロヴィッチにファインセーブを余儀なくさせた。中盤を支配したチームは両サイドからコンスタントにチャンスを作り続け先制点を生み出す。17分、ベンゼマモドリッチバルベルデの素晴らしい連携から、ベンゼマが0-1のゴールを記録した。

ベンゼマの2ゴールとPK
その3分後、アザールがデ・ブラシスから受けた明らかなPKをセルヒオ・ラモスが記録。その後、主役となったアザールがサイドから次々とチャンスを作った。最初はドゥミトロヴィッチとの1対1、次はベンゼマとのヒールでの連携後、誰にも合わなかったラボーナでクロスを上げたプレーだった。そして29分、ルーカス・バスケスがペナルティエリア内で倒されたPKをベンゼマが決めてこの日2点目を記録し0-3にした。

バルベルデがレアル・マドリード初得点を記録した

試合がほぼ決まった中、エイバルは前半終了間際に攻撃に出るも、クルトワからゴールを決めることができなかった。イプルアに降り続く大雨の中、ロス・ブランコスの猛攻は収まらず、ハーフタイム直後にアザールが最初のシュートを放った。その後、マドリードは攻撃のペースを少し落としたが、守備陣はエイバルが素晴らしい時間帯を送る中、気を抜くことなく堅固な守備をキープした。反対にベンゼマは3点目を決めるところだった。

初得点
バルベルデレアル・マドリードで初得点を記録した。ボールが左サイドから右サイド、メンディからモドリッチに回った後、モドリッチがマイナスのパスを送り、バルベルデがペナルティエリア正面から右インサイドのダイレクトショットをゴール右下隅にマークした。ジダン監督はその後、アザールバルベルデルーカス・バスケスに代えイスコビニシウスJrブラヒムを投入し労力を分かち合った。結果は変わらず、レアル・マドリードはエイバルで輝かしい勝利を成し遂げた。