EmiratesAdidas
Bayern de Múnich - Real Madrid

3-1: ヒューストンでバイエルンに敗戦

ギャラリーを見る

マッチレポート | 21/07/2019

ロドリゴがフリーキックから得点、アザール、メンディ、ヨビッチ、久保、デ・ラ・フエンテ、ハビ・エルナンデスがデビュー
  • インターナショナル・チャンピオンズ・カップ
  • 親善試合
  • 日, 21 7
NRGスタジアム(ヒューストン)
3
1
レアル・マドリード2019/20がヒューストンでスタートを切った。ロス・ブランコスはプレシーズン初戦の特に前半、目を見張る動きを見せた。前半は非常に高いリズムでプレーし、程なく得点チャンスを迎える。最初は11分、イスコモドリッチへボールをつなぎ、ベンゼマがゴールエリア内でセンタリングを合わせたがキミッヒとノイアーが先制点を阻んだ。

同様の形で4分後、バイエルンが先制する。コマンのクロスからトリッソがシュート。このボールがマルセロに当たりゴールライン手前で抑えたが、詰めていたフランス人ミッドフィールダーが押し込んだ。レアル・マドリードはすぐに反撃。18分、マルセロがゴール前にパスを送りラモスがヘディングシュート、ボールはゴールエリア内を通過したがこれに対応する選手はいなかった。6分後にもベンゼマが得点を狙う。フランス人フォワードは相手3選手を翻弄して鮮やかなシュートを放ったが、ノイアーが素晴らしいセーブを披露した。

アザール、ロドリゴ、メンディ、ヨビッチ、久保、デ・ラ・フエンテ、ハビ・エルナンデスがデビュー

レアル・マドリードはその後も同点を狙って行く。34分、アザールがエリア内へ攻め込んだがベンゼマがシュートできず、その後アセンシオが得点を狙ったがボールはノイアーの手へ収まった。アザールが左サイドでボールを受けてエリア内へ侵入、敵味方が入り乱れるなかで放ったシュートは相手GKが跳ね返した。マドリードは得点を挙げるに十分な動きを見せたがバイエルンも反撃し、39分アルプのシュートはゴールバーを叩く。前半最後のチャンスは45分。モドリッチのシュートはノイアーが鮮やかな反応で防いだ。

ロドリゴの素晴らしいゴール
ジダン監督は後半、新たな11人をピッチへ送り出した。アザールのあとメンディ、ロドリゴ、ヨビッチ、久保、デ・ラ・フエンテ、ハビ・エルナンデスがデビューした。
62分、久保がビニシウスJrへ目を見張るパスを通したが、1対1となった場面で相手GKを破ることができなかった。試合はこのあとほぼ連続したプレーで決着する。62分にレヴァンドフスキ、5分後にニャブリが得点を決めた。

レアル・マドリードは最後まで反撃を試みたが、80分ロドリゴがキミッヒのミスにつけ込み、その後エリア内で反則を犯し退場処分となるウルライヒに迫った。ロドリゴ自身が与えられたフリーキックをゴール隅へ蹴り込みゴール。ロス・ブランコスは水曜日、ワシントンのフェデックスフィールドでアーセナルと対戦する(スペイン時間:1時、日本時間:8時)。

検索