EmiratesAdidas
Real Madrid - Tottenham

0-1: アウディ・カップで決勝進出できず

ギャラリーを見る

マッチレポート | 30/07/2019 | Javier García | 写真: Víctor Carretero

ロス・ブランコスはトッテナムに最少得点差で敗れ、バイエルンかフェネルバチェとの対戦で同大会の参加を終える
  • アウディカップ
  • 準決勝
  • 火, 30 7
アリアンツ・アレーナ
0
1
レアル・マドリードはトッテナムとのレベルの高いテストで欧州でのプレシーズンをスタートさせた。ジダン監督のチームはアウディ・カップ準決勝でチャンピオンズリーグ準優勝チーム相手に敗れた(0-1)。ハリー・ケインの得点で均衡が破れ、ロス・ブランコスは得点チャンスを生かすことができず、ケイラー・ナバスの好守に応えられなかった。マドリディスタスは3位決定戦でバイエルンかフェネルバチェと対戦する(スペイン時間:水曜18時、日本時間:木曜1時)。

トッテナムは序盤に試合の主導権を握り、前線からロス・ブランコスにプレッシャーをかけた。一方マドリードはロドリゴが存在感を発揮。ボールを受けるたび相手守備陣に仕掛けた。しかしプレシーズン特有の不確かさが決定機の妨げになる。最初にチャンスを掴んだのはポチェッティーノ監督のチームだったが、動きに冴えを見せるナバスがこれを防いだ。コスタリカ代表の守護神は1分間に連続して訪れた3度のピンチに好反応を披露した。イングランドのチームは22分に先制したが、これはケインがマドリード守備陣の連携ミスからボールを奪い決めたものだった。

マドリードに訪れた得点機
先制を許した後、マドリードはすぐに反撃へ転じる。右サイド、カルバハルモドリッチからのパスを受けたベンゼマが2度同点機を得る。少しずつレアル・マドリードは各ラインを高く置くようになる。クロースアザールがエリア外からシュートを放つ。しかしケインはエリア内から仕掛け続け、ナバスが31分シュートを防ぐ。ハーフタイム前で最後のチャンスはベンゼマ。それでも得点にはならなかった。

後半はマドリードが試合を支配した。最初の10分でベンゼマ、マルセロ、アザールが同点のチャンスを掴んだ。しかしロス・ブランコスはスコアを動かすことが出来ず、ケイラーが再びチームを救った。​ゴールキーパーは孫とデレ・アリのシュートを弾き返した。残り時間が30分を切ったところでジダン監督は引き分けを狙って交代選手を送り込んだ。75分、マルセロのクロスからロドリゴがゴールネットを揺らしたがオフサイドで得点は認められず。続くプレーでラモスがベンゼマのクロスに頭で合わせた。85分には久保がエリア外から得点を狙ったがロリスがシュートを抑えた。そのすぐ後、パロットが放ったシュートはゴールポストに跳ね返された。こうして試合終了。プレシーズンマッチ4戦目は最少得点差での敗戦となった。
検索