ゴールと振り返るヒストリー:ウーゴ・サンチェス

動画を見る

1987/88シーズン、サンティアゴ・ベルナベウで行われ勝利したベティス戦でゴールを記録
今週のゴールと振り返るヒストリーの主役はウーゴ・サンチェス。メキシコ人FWは1985/86シーズンにレアル・マドリードに入団し時代を代表するストライカーになった。あらゆるタイプのシュートを備えていたことで際立ち、ゴールを祝福する宙返りがサポーターの記憶に残っている。

1987/88シーズンのリーガ第34節、レアル・マドリードサンティアゴ・ベルナベウにベティスを迎えた。試合は6-0の圧勝に終わり、メキシコ人FWが5点目を記録している。2ゴールを決めたミチェルとの壁パスからウーゴ・サンチェスはGKが止めることのできない強烈なシュートで得点をマークした。ウーゴ・サンチェスレアル・マドリードで公式戦282試合に出場し208ゴールを記録している。そしてUEFAカップ1回、リーガ5回、国王杯1回、スペイン・スーパーカップ3回のタイトルを獲得した。

This browser does not support the video element.