EmiratesAdidas
Real Sociedad - Real Madrid

3-1: サン・セバスチャンで敗戦

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 12/05/2019

ブラヒムの素晴らしいゴールによりレアル・マドリードが先制するも、バジェホの退場のあとレアル・ソシエダが逆転
  • リーガ
  • 37節
  • 12/05/2019
アノエタ
3
1
レアル・マドリードは今季リーガ最後のアウェー試合でポジティブな結果を出すことができなかった。ロス・ブランコスはブラヒムのスーパーゴールで先手を取ったがレアル・ソシエダに敗れた。ホームチームはバジェホの退場により50分間に渡り数的有利な状態となり逆転、3−1で勝利した。ジダン監督のチームは非常に高い位置からプレッシャーをかけた。良好な立ち上がりからマラガ出身選手による芸術的なプレーが生まれる。敵陣半ばでボールを受けると相手マーカーを交わし相手GKルジを破り、カバーに入ったジョレンテが体を投げ出すなかシュートを決めた(6分)。

来季の欧州大会出場権獲得という目標があるホームチームは、すぐに反撃に転じる。クルトワはメリノとオヤサバルが迎えた2度のチャンスを防ぐ。ラ・レアルは引き分けを狙いさらに攻勢を強める。21分にはオヤサバルがゴールネットを揺らしたが、 VAR裁定のあとオフサイドにより取り消しになった。実際に1−1となったのはその5分後。連携プレーからミケル・メリノがシュートを決めた。同点となってから試合は両チームが好機を迎える出入りの激しい流れに。ベンゼマがゴール正面からシュートを放てば、イスコのそれはルジが阻んだ。39分、ウィリアン・ジョゼのシュートをエリア内で手によって防いだとしてバジェホが退場処分を受けた。クルトワはこのPKを防いだものの、マドリードはここから1人少ない状況で戦わざるを得なくなった。

カゼミーロをセンターバックへ回し、ジダン監督のチームは数的不利となりながらも攻撃を仕掛けた。その証拠に後半最初のチャンスはアセンシオが迎えた。しかしながら少しずつラ・レアルが試合の主導権を握って行く。スベルディアとメリノがエリア外からシュートを放ち、サルドゥアがヘディングから逆転の2点目を決めた(57分)。途中出場のモドリッチとともにマドリードは反撃を仕掛ける。65分にはベンゼマがエリア内から決定機を得る場面もあった。

その2分後、レアル・ソシエダが点差を広げる。オヤサバルのシュートがポストを直撃、跳ね返ったボールをバレネチェアが決めた。マドリードは1人少ない状況が響きながらも諦めず戦った。ルーカス・バスケスビニシウスJrが途中出場、点差を縮めるべく相手ゴールへ迫った。一方のレアル・ソシエダは駄目押し点を挙げてもおかしくなかった。85分、ヤヌザイのシュートはゴールバーに当たった。こうして試合は3−1で終了。レアル・マドリードは来週末、ベルナベウでのベティス戦でシーズン最終戦を迎える。
Buscar