EmiratesAdidas
Valencia - Real Madrid

2-1:メスタージャで敗北を喫す

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 03/04/2019 | 写真: Helios de la Rubia

ベンゼマがバレンシア相手にレアル・マドリードのゴールをヘディングで記録した
  • リーガ
  • 30節
  • 03/04/2019
メスタージャ
2
1
レアル・マドリードジダンの監督復帰からの全勝をキープすることができなかった。ロス・ブランコスはゲームを支配するも、自分たちのチャンスを生かす術を知っていた守備の固いバレンシアと対戦した試合に敗れたが、ベンゼマが後半アディショナルタイムにチームの得点を記録した。試合開始後は非常に戦術的な戦いとなり、両チームとも相手ペナルティエリアにほとんど攻め込めなかった。そんな中、レアル・マドリードが主導権を握り、バレンシア守備陣の間のスペースを探し求めながらボールを動かした。一方、ホームのバレンシアはカウンターを仕掛けるチャンスを伺っていた。そして22分にクロースがペナルティエリア外から最初の枠内シュートを放っている。

35分に流れに関係のないプレーで同点の状態が崩れた。ゲデスがケイラー・ナバスの弾いたボールを拾った後、カルロス・ソレールとの壁パスからシュートを打ち、ポストギリギリのところに1-0のシュートを決めた。その得点後、両チームともに攻め様々なチャンスを作っていく。バレンシアはガメイロのヘディングシュートとゴール上隅を狙ったロドリゴのシュートで点差を広げるチャンスを得た。一方、ジダン監督率いるチームもまた、枠を捉えられなかったマルセロのロングシュートとネトにキャッチされたアセンシオのシュートでバレンシアゴールに迫った。

チャンス
後半は前半以上にオープンな形でスタートする。レアル・マドリードは同点ゴールを目指して攻めたが、それにより相手に大きなスペースを与えることになった。カルロス・ソレールがそれを生かしてケイラー・ナバスとの1対1を迎えるが、ファインセーブに阻まれた(53分)。一方、マルセロがネトにキャッチされたペナルティエリア外からのシュートで応戦する。時間が経過するも試合の調子は変わらなかった。ロス・ブランコスが攻撃を入念に作り、バレンシアはカウンターからチャンスを生み出した。そして61分、ロドリゴのスピーディーなアクションからの対角線状のシュートがポスト近くを外れていった。

ベンゼマのゴール
ジダンがベンチワークを行いイスコベイルを投入する。ロス・ブランコスは相手ペナルティエリアに攻め込み続けたが、決定的なシュートだけを欠いていた。一方、バレンシアはカウンターから試合を決めるところだったが、カルロス・ソレールが失敗する。残り15分で全てがオープンな状態になり、マリアーノがマドリディスタの最後の交代選手となった。しかし83分にパレホが蹴ったCKをガライが決めて2-0にした。後半アディショナルタイムに主審がラモスへのPKの笛を吹いたが、判定はチームキャプテンのオフサイドに修正された。そして93分、モドリッチの蹴ったCKをベンゼマがヘディングで決めて2-1にして点差を縮めた。この後、レアル・マドリードは今週土曜日にベルナベウでエイバル相手に勝利の道を再開させることを目指すことになるだろう。
Buscar