ゴールと振り返るヒストリー:ゴルディージョ

動画を見る

1988/1989シーズン、ベルナベウでセルタ相手にスーパーゴールを記録した
今週のゴールと振り返るヒストリーの主役はゴルディージョ。サイドバックとしてプレーしたゴルディージョは1985年夏にベティスからレアル・マドリードに入団すると、瞬く間にその献身性と犠牲心により光り輝き、サンティアゴ・ベルナベウの左サイドの支配者となった。さらにソックスを下げた独特なスタイルも歴史に永遠に残ることであろう。

1988/1989シーズン、レアル・マドリードサンティアゴ・ベルナベウで行われたリーガ第10節でセルタを迎えたが、その中で際立ったのはアドバンテージを広げたこの試合の2点目だった。シュスターからのクロスを後ろから走り込んだゴルディージョがPKスポット近くからアクロバティックな形でシュートを決めたのである。
ゴルディージョは公式戦254試合を戦い27ゴールを記録した。UEFAカップ1回、リーガ5回、国王杯1回、スペイン・スーパーカップ3回の合計10タイトルを獲得し、自身のキャリアの中で最も成功した時代をレアル・マドリードで過ごしていた。

This browser does not support the video element.