ソラーリ:アヤックスに勝つために全員の全力を出さないといけなかった

「たくさん良いプレーをしないといけなかった。全力をだし、苦しむ術を知ったプレーをすること、チャンスを作り、決定力を見せること」と監督
ソラーリはアヤックス戦についてヨハン・クライフ・アレーナの記者会見室で分析した。チームの勝利にロス・ブランコスの監督は満足感を示した。「自分達はこの試合でどんなプレーをすべきかを分かっていた。しっかりとしたプレーを見せなければいけない時にその仕事をやってみせた。苦しまなければいけない時に我慢したプレーをすること、大事な場面でゴールを決めること。それはこのグループの力を見せつけるもの。このスタジアムで勝つには全員の最大限の力が必要だった。とても難しい試合だし、全員の全力プレーがなければ勝つことは難しいものだった」
 
「この結果を手にするために多くの良い仕事をする必要があった。全力をだし、苦しむ術を知ったプレーをすること、チャンスを作り、プレスを交わすプレーをしないといけなかったし、ゴール前で決定力を見せること。自分たちが見せたこれらの良い仕事がなければ、この結果を持ち帰ることが出来なかっただろう」
 
VAR
「監督はモニターを持っていない。VAR,主審の決断に注目していた。まだリプレーは見ていない。申し訳ない」

アヤックスは多くのエネルギーを見せたし、勝つために多くの仕事を自分達がすることをつきつけた。
 

「アセンシオのゴールとパフォーマンスにとても満足している。怪我から帰ってきてから4試合が過ぎた。3試合を戦っており、今日の試合では投入されてからやるべきプレーをしてくれた。ゴールだけでなく、ポジショニング、ボールの引き出し、守備、それにゴール前でのプレーとね」
 
アヤックス
「チャンピオンズリーグベスト16の戦いに簡単な試合は一つもないし強くないチームなんて一つもない。多くのエネルギーを彼らは出していたし、リミットギリギリのプレーをしていた。勝利のために自分たちに多くのことをしないといけないと突きつけてきた」