EmiratesAdidas
Villarreal - Real Madrid

ソラーリ: 「勝つだけのチャンスがあった」

ニュース | 03/01/2019 | Alberto Navarro | 写真: Antonio Villalba

「いつだってリーガに向けて争い、戦い続けて行く」と監督
ソラーリ監督がビジャレアルとの引き分けについてエスタディオ・デ・ラ・セラミカの記者会見場で分析した。「2つのことが結びついて我々に起こった。それは相手がプレッシャーをかけ、攻撃に人数を割いて引き分けを狙いに来たということと、ベイルが去ったことでプレーに深みが失われ、スペースを見つけることができなかった」。

「勝負を決めておかないと相手に追いつかれるリスクがある。前半の最後にカリムにチャンスがあり、後半もルーカスマルセロに好機があった。勝利は自分たちの手の中にあった」

ラ・リーガ
「いつだってリーガに向けて争う。勝ち点を拾い、戦い続ける。我々は勝利を望み、それを成し遂げるだけのチャンスがあった」。

勝負を決めておかないと相手に追いつかれるリスクがある

「イスコの状態は良かった。彼はチームのメンバーの一人で、誰もが敬意を払われるのに相応しい。彼は今日非常に良い後半のプレーぶりだった」。

マルセロ
「ビジャレアルは右サイドに強力な選手たちがおり、サムのようにとてもスピードのあるタイプがいる。彼のことは我々もよく知っていて、どの選手でも苦しめられる」。

選手交代
ベイルは打撲があり交代せざるを得なかった。モドリッチはインフルエンザから回復したばかりだったが全力を尽くした。彼がプレーする必要性があり、彼がもたらしたものに我々はとても満足しているし、素晴らしい試合をした。クロースビニシウスJrへの展開はとても早く、勝つためにやったことだった」。

検索