ラモス、バラン、モドリッチ、マルセロ、uefa.comの年間ベスト11入り

動画を見る

レアル・マドリードはチーム別で最多の選手を送り出したチーム
セルヒオ・ラモ、バラン、モドリッチ、マルセロがuefa.comの発表した2018年ベスト11に選ばれた。同ウェブページのユーザーによる投票で決まったもの。レアル・マドリードは同メンバーで最多の選手数を占めるチームになった。ベスト11は他にテア・シュテーゲン(バルセロナ)、ファン・ダイク(リバプール)、カンテ(チェルシー)、アザール(チェルシー)、ムバッペ(PSG)、メッシ(バルセロナ)、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス、レアル・マドリード)が選ばれている。

ラモスは通算8回、7回連続の年間ベスト11選出。昨年からではマルセロと、最多得票を得たモドリッチが連続、通算では3回目となる。一方バランは初選出となった。