ベティス対レアル・マドリード:高い要求がされるベニト・ビジャマリンでの前半戦最後の戦位

動画を見る

  • リーガ
  • 19節
  • 13/01/2019
ベニト・ビジャマリン
1
2
終了
サマリーへ
ロス・ブランコスは国王杯レガネス戦に続く勝利、リーガで大事な勝ち点3を積み重ねることを目指す
リーガの戦いが折り返し地点に、レアル・マドリードは前半戦最後の試合、要求の高いアウェーベティス戦を戦う。ロス・ブランコスはベニト・ビジャマリン(13日(日)20:45、日本時間:14日(月)4:45)をおとずれ、国王杯ベスト16の戦いを迎える前に大事な勝ち点3を狙う。
 
今夜の戦いは3対0,と勝利したレガネス戦から4日後に行われる。ソラーリ率いるチームは来週水曜日に再びブタルケでレガネスと対戦する。最後の勝利同様にマドリディスタは素晴らしいシーズンを見せているライバルを相手に最大限のレベルを見せなければいけないことを頭に入れて、ベティスのスタジアムのピッチの上に飛び出す。

ベンゼマ、ベニト・ビジャマリンでのここ4試合で得点
 

ロス・ブランコスはこの試合を戦うにおいて多くの怪我人を抱えている。前日練習では、クロースアセンシオジョレンテベイルクルトゥワ、風邪のビニシウスJr…がチームメートと違うメニューを取り組んだ。また、ルーカス・バスケスは出場停止、それでもソラーリは「レアル・マドリードの強さはグループにある」とコメント。ベティスの本拠地で4試合連続得点を決めているチーム得点王のベンゼマは試合に出れる状態だ。
 
ライバル
一方のキケ・セティエンのチームは国王杯ベスト16第1戦レアル・ソシエダとの試合を0対0で引き分けた後にこの試合を対戦する。リーガでは7勝6敗5引き分けで6位の順位でこの試合を迎える。ホームでの数字は特筆すべきもので10月以降無敗、シーズンを通しても2敗しかしていない。