レアル・マドリード vs メリージャ:国王杯ラウンド16進出を目指して

動画を見る

  • 国王杯
  • ベスト32 (第2戦)
  • 06/12/2018
サンティアゴ・ベルナベウ
6
1
終了
サマリーへ
ソラーリ率いるチームはポジティブな流れをキープし、ベルナベウでサポーターに再びの勝利を捧げることを目指す(スペイン時間:本日16時15分、日本時間:金曜日0時15分)
わずか1ヶ月ほど前、ソラーリメリージャで0-4の圧勝を収めてレアル・マドリードの監督デビューを飾った。その試合がチームのターニングポイントとなり、それ以降に戦った公式戦7試合中6試合に勝ち、ピッチで非常にポジティブな印象を残している。そして本日、チームは2つの目標を掲げて国王杯ラウンド32第2戦に臨むことになる。それは次ラウンドに進むこと、そして勝利の流れをキープすることである。

メリージャ来訪が今シーズンの国王杯のサンティアゴ・ベルナベウ初戦となる。ロス・ブランコスはサポーターの前で素晴らしい試合をやり遂げることを目指すだろう。「我々はインテンシティと希望を持って仕事に励んでいるし、それが見られることを望んでいる。祭日なので多くの人々が観ることを願うよ」とソラーリは語った。そして「下から押し寄せてくる若い選手たちにチャンスを与える試合がある」と確言し、メリージャ戦に向けた最後の練習にいつも参加しているハビ・サンチェスの他、フィダルゴクリストを呼んでいた。

ソラーリ率いるレアル・マドリードは7試合中5試合で無失点

ちょうどクリストは第1戦のスコアラーのひとりだった。またその試合は守備面でのポジティブな流れをスタートさせるのに役立っている。そしてソラーリの監督就任後、チームは守備の堅さを発揮しており、7試合中5試合を無失点に抑えている。

一方、メリージャはサンティアゴ・ベルナベウ来訪に大きな希望を持って臨んでくる。ルイス・カリオン監督率いるチームはレアル・マドリードをホームに迎えた後に戦った5試合に勝利した。実際にセグンダBグループIVの首位になっており、今シーズンのリーガではここまでわずか1試合しか負けていない。