EmiratesAdidas
Real Madrid - CSKA Moscú

0-3:レアル・マドリード、CSKAに敗れるもCLグループリーグを首位通過

ギャラリーを見る

マッチレポート | 12/12/2018 | Javier García

来週月曜日の抽選会でラウンド16の相手が決定
  • チャンピオンズリーグ
  • 6節
  • 12/12/2018
サンティアゴ・ベルナベウ
0
3
レアル・マドリードチャンピオンズリーグ・グループリーグ最終節でポジティブな結果を得られなかった。グループGを首位で終えたロス・ブランコスはチャンスを生かすことができず、CSKAモスクワ相手に3度の決定機で3失点を喫した。ソラーリ監督率いるチームは試合を支配し攻撃しながらスタートし、24分に最初の決定的チャンスを得る。左サイドで非常にアクティブに動いたビニシウスJrが素晴らしい個人技を見せた後にアキンフェエフと対峙し、アセンシオはリバウンドからのシュートをクロスバーに当てた。

ベンゼマビニシウスアセンシオ間の連携でゴールに迫るも、CSKAのGKはアセンシオの2度のシュートを防ぎチームを救った。CSKAはハーフタイムまでに流れに関係ない2度のプレーで0-2にして試合を困難にした。チャロフが37分に先制点を決め、シュチェンニコフがその6分後に2点目をマークした。

ビニシウスJrのチャンス
ソラーリは反撃を目指し、ハーフタイムにベンゼマに代えてベイルを投入する。前半同様、ビニシウスは再びゴールを目指す先陣を切ったが、シュートはわずかに枠を捉えられなかった(50分)。またサイドでビニシウスが作った再びの決定的チャンスはイスコの惜しいシュートで終わっている。一方、クロースはジョレンテに代わりピッチに入った。

ベイルが足首を痛め数分間10人になるという不運がレアル・マドリードに襲いかかる。しかしベイルは最終的に試合を終えることができ、マルセロカルバハルにポジションを譲った。時間が経過するもゴールを決められず、バルベルデが遠目からゴールを狙った一方、CSKAはシグルドソンのゴールで試合を決める0-3にした(73分)。悪い結果ながらも欧州王者は来週月曜日に行われる組み合わせ抽選会で第1ポットに入ることになる。
Buscar