EmiratesAdidas

Roma - Real Madrid

0-2:ローマで勝利しグループリーグ首位でラウンド16進出決定

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 27/11/2018

欧州王者は素晴らしかった後半のベイルとルーカス・バスケスのゴールによりオリンピコで勝利した
  • チャンピオンズリーグ
  • 5節
  • 27/11/2018
スタディオ・オリンピコ
0
2
ヨーロッパの王様がすでにラウンド16進出を決めている。グループリーグ終了まで1試合を残し、レアル・マドリードは12月17日に行われる抽選会ポット1の座を確実なものにした。グループ最大の相手にローマのピッチで0-2の快勝しそれを成し遂げた。ベイルルーカス・バスケスが、ソラーリ監督率いるチームの非常に素晴らしい後半にゴールを記録している。

ローマとレアル・マドリードはCSKAが敗れ決勝トーナメント進出が決定した後、オリンピコのピッチに立った。しかし首位の座が賭かっていたため、試合開始からリズムとインテインシティの高さが目立った。支配者が不明確な中、2チームは相手エリアでチャンスを作る。素晴らしい連携プレーからモドリッチがGKオレセンを最初にテストした(20分)。一方、エル・シャーラウィを怪我で失ったローマはペナルティエリア内へのクロスやセットプレーで反撃した。

チャンス
30分ちょうどにローマはCKを起点にソラーリ監督率いるチームを包囲したが、シックのチャンスはクルトワのスーパーセーブに阻まれ、その後のコラロヴのロングシュートはわずかに枠を捉えられなかった。クロースモドリッチはペナルティエリア外からのシュートでそれを模倣したが、目的は達成できなかった。ハーフタイム前のアディショナルタイム、ローマは危険なゾーンでボールを奪うも、ウンデルはクルトワ相手にシュートを枠に飛ばせなかった。

レアル・マドリードはこれまでに戦った27回のグループリーグ全てを突破した

前半、ローマがチャンスを生かせなかった一方、後半はレアル・マドリードが相手のミスをうまく生かしてスタート。ファシオがボールを後ろに戻そうとしたところ、唯一残っていたベイルに渡り、0-1のゴールを記録した(47分)。休みなくザニオーロが同点のチャンスを得るも、シュートはカルバハルにブロックされる。スコアでリードしたレアル・マドリードはスペースに生かし始める。しかしローマDF陣の裏を取ったベイルはオレソンとの1対1を決められなかった(50分)。

ルーカス・バスケスのゴール
レアル・マドリードは後半さらに快適にプレーし、早々に0-2にした。マルコス・ジョレンテがボールを奪ってカウンターの起点になり、ベイルがクロスを入れ、ベンゼマが落とし、ルーカス・バスケスがゴールを決めた(59分)。ロス・ブランコスは試合の支配者となり点差拡大を狙い、マルセロベンゼマがそれに近づくも、オレセンに防がれた。またソラーリ監督は出場時間を与えるためマリアーノバルベルデアセンシオを投入した。レアル・マドリードは最終的に0-2の勝利を飾り、これまでに戦った全てのグループリーグ突破をキープしている。

Buscar