EmiratesAdidas
Real Madrid - Divina Seguros Joventut

92-69:レアル・マドリード、連戦を勝利でスタート

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 14/10/2018 | Nacho Díaz | 写真: Antonio Villalba

ホベントゥートを破り、今週水曜日から日曜日の間に3試合を行う前に7連勝を達成した
  • リーガ・エンデサ
  • 4節
  • 14/10/2018
WiZink センター
92
69
レアル・マドリードはまだ3試合残る今週1週間の最初のテストをいい形でスタートした。いつも以上に苦しんだものの、キャロル(13ポイント)、カンパッツォ(15ポイント)が精度の高さを見せ、タバレス(12リバウンド、評価20)が相手の脅威となり、素晴らしいパフォーマンスを見せた第4クォーターでホベントゥートを9ポイントに抑え4勝目を達成した。一方、第1クォーターではルディー(11ポイント)、プリペリック(9ポイント)、デック(15ポイント)が主役となった。またパンタザールジュスタが今シーズンの公式戦デビューを飾っている。

最初の10分間はお互いに攻め、両チームともにポイントを展開となった。リュルコズールが今日招集外のため、ラプロビットラとドーソンの手により好戦的だったホベントゥート相手にチームの指揮権は他の選手に移されていた。攻撃ではプリペリックテイラーの精度が非常に高く、守備ではタバレスが強さを発揮した。第1クォーターは22-23でホベントゥートのリードで終了している。

控え選手
ロス・ブランコスの控え選手の中、ラソ監督に様々な時間帯でチームの指揮を任されたパンタザールが今シーズンのデビューを飾った。チームはルディー(9ポイント)とデック(8ポイント)の手によりスムーズに機能し始める。第2クォーターの中間スコアは、ドーソンとディミトリェビッチのおかげにより試合を保ったホベントゥート相手に、お互いに攻め合った第1クォーターと似たようなものだった。レアル・マドリードはロッカールームにアドバンテージを手にして戻るために7-0にした(44-39)。
 

マジョルカの犠牲者のために黙祷を行った

ロス・ブランコスは10ポイント差をつけた他、守備力を高めた。しかしホベントゥートはラプロビットラとトドロビッチが攻撃面で素晴らしい連携を見せ崩壊しなかった。タバレスがベンチで休んでいる間、レジェス(6ポイント)がレアル・マドリードのインサイドプレーを指揮した。またテイラーは65-60で第4クォーターを迎えるためにホームチームの選手の中で光る活躍を見せた。

スペクタクルな中間スコア
キャロルカンパッツォが5ポイントずつ決め、中間スコアを14-1にして試合の均衡を破った。レアル・マドリードがボールを動かし始めたため、ホベントゥートは苦しんだ。タバレスがリバウンドを制して脅威となり、カンパッツォが攻撃で快適さ感じながらプレーし、ロス・ブランコスはリーガ4勝目に突き進んだ。そして試合終盤、ここ数週間負傷していたジェステが復帰し、ホベントゥートをわずか9ポイントに抑えた。

24

スモールフォワード

25

シューティングガード

Buscar