1-1:サン・マメスでより良い結果で終わるに値したレアル・マドリード

動画を見る   ギャラリーを見る

  • リーガ
  • 4節
  • 15/09/2018
サン・マメス
1
1
終了
サマリーへ
アスレティック相手に勝利を掴む決定的チャンスを何度も作ったロス・ブランコスのゴールをイスコがヘディングで記録
レアル・マドリードはサン・マメスで勝ち点3を得るために決定的をチャンスを何度も作りながらも引き分けた。試合は激しいリズムでプレーされ、開始2分にレアル・マドリードが最初のチャンスを作る。ベイルのクロスをアセンシオが落とし、モドリッチがゴール正面で合わせるも、イニゴ・マルティネスに体でブロックされた。その後、アスレティックは反撃を開始し2度のチャンスを掴んだ。しかし14分のウィリアムズの対角線のシュートは枠外に飛び、23分のユーリのシュートはクルトワが見事な反応を見せた。

30分、アセンシオが素晴らしいシュートを放つも、ウナイ・シモンが逆手でファインセーブした。その2分後に先制点が生まれる。デ・マルコスがレアル・マドリード守備陣の裏を抜けてボールを中に入れ、ムニアインがゴールライン上で押し込んだ。その後、逆転を余儀なくされたレアル・マドリードにはハーフタイムを同点で迎えるチャンスが訪れた。しかしペナルティエリア外からのモドリッチの左足のシュートはジェライに当たった後、ウナイ・シモンが再びスーパーセーブを披露し、またもやアスレティックを救出した。

レアル・マドリードはリーガ無敗をキープ

ロペテギ監督はハーフタイムにダニ・セバージョスに代えてカゼミーロ、60分にモドリッチに代えてイスコを途中出場させた。逆転を目指す時間がまだ30分残る中、ベイルの遠目からのFKで同点ゴールに近づいた。ウナイ・シモンはそのシュートをうまくキャッチできなかったが、リバウンドに詰めたセルヒオ・ラモスのシュートを素早い反応でセーブした。その4分後、ベイルの右足のクロスを後ろから走り込んだイスコが相手の意表をつくヘディングシュートで決め、レアル・マドリードが同点にした。

さらなるチャンス
全てが互角になったが、ピッチ上で次のゴールを決めるチームは、ホームのアスレティックではなくアウェーのレアル・マドリードのように見えた。そして自軍エリアからのラモスのスペクタクルなロングパスを受けたアセンシオが完璧なコントロールを披露し、ウナイ・シモンとの1対1を迎えるも、ロス・ブランコスの2点目を体で阻止された。そこから試合終了までレアル・マドリードは決勝点を目指したが決めることができなかった。