EmiratesAdidas
Éibar - Real Madrid

1-4:レアル・マドリード、ナポリ戦を目前に控えエイバル相手にゴールラッシュ

ギャラリーを見る

マッチレポート | 04/03/2017 | Alberto Navarro

ベンゼマの2ゴール、ハメスとアセンシオのゴールによりイプルアで勝利
  • リーガ
  • 26節
  • 土, 04 3
イプルア
1
4
レアル・マドリードがナポリとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16第2戦を3日後に控え、イプルアでエイバル相手に重要な勝利を飾った。ベンゼマの活躍が光り、開始からわずか30分の間に決着させた試合でゴールラッシュを披露した。実際、ロス・ブランコスが先制点を決めた時、時計の針は15分に達していなかった。14分、アセンシオが左サイドから入れたグラウンダーのクロスがゴール前を横切ると、ベンゼマが角度のないところからダイレクトシュートを放った。エイバルGKヨエルが一度はセーブしたものの、ベンゼマはそのリバウンドを蹴り込み先制した。

そのわずか1分後にもレアル・マドリードは追加点のチャンスを掴む。ハメスがゴールラインに辿り着き全員を驚かすアウトサイドでシュートを放つも、ヨエルがそのシュートをファインセーブし、マウロ・ドス・サントスがゴールライン上で防いだ。しかし25分のプレーでは同じようにはならずハメスが主役となった。ハメスがFKから放物線を描く素晴らしいボールをゴール前に送ると、ベンゼマが絶妙なタッチでネットを揺らし、この日2ゴール目を奪ったのだった。

ベンゼマとハメスのコネクション
レアル・マドリードは順調に試合を運び、ちょうど30分に達したところで試合を決着させた。今度は2点目の時と役割が入れ替わる。ベンゼマが右サイドから入れた速いグラウンダーのクロスを、ハメスが滑り込みながら合わせ周囲を驚かすゴールを決めたのだった。ベンゼマとハメスのコネクションが決定的な役割を果たした。その後、38分にセルジ・エンリクがシュートを打つもセルヒオ・ラモスがブロックしCKに逃れ、その6分後にはベンゼマが素晴らしい個人技を見せ、アセンシオとベンゼマが追加点を決めるところだった。

レアル・マドリードは今シーズンのリーガ全試合でゴールを記録

ベンゼマがこの日の主役となり、後半開始直後にはあと一歩でハットトリックというチャンスを掴み、素晴らしいプレーを継続して行っていることを証明するところだったが、48分のベンゼマの左足のシュートは枠を外れていった。

4点目
ベンゼマはボールを触るたびにエイバルにとって危険な存在となっていたが、60分にはそのことを証明した。ベンゼマが左足の前線にスルーパスを通すと、それを受けたアセンシオの前には広大なスペースしかなかった。アセンシオは前線にボールを運びゴール前のハメスにパス。ハメスのシュートはポストを直撃したが、そのリバウンドをアセンシオが左足で合わせて4点目を決めた。

エイバルは72分にルベン・ペーニャのゴールで点差を詰めてきた。しかしロス・ブランコスはイプルアでゴールラッシュを披露して1-4で勝利し、リーガの優勝争いに向け勝ち点3を積み重ねた。

検索