EmiratesAdidas
Nápoles - Real Madrid

1対3: ナポリで勝利し、チャンピオンズリーグベスト8進出

ギャラリービデオ

マッチレポート | 07/03/2017 | Alberto Navarro

セルヒオ・ラモスの2得点とモラタの得点で、チームはスタディオ・サン・パオロで勝利を手にし、次ラウンド進出のパスを獲得
  • チャンピオンズリーグ
  • ベスト16 (第2戦)
  • 火, 07 3
サン・パオロ
1
3
エスタディオ・サン・パオロでチームは苦しまなければいけなかった。特に前半は厳しいものだったが、レアル・マドリードは後半、セルヒオ・ラモスが2得点を決めたように素晴らしいパフォーマンスを見せ、ベスト8進出を手中に収めて次の対戦相手が決まるのを待つ。第1戦、3対1の勝利からアドバンテージをマドリディスタは手にしていたものの、果たしたミッションは決して簡単なものではなかった。序盤が苦しいのは明確だった。スタジアムが1つとなったナポリのプレッシャーは厳しく、サポーターの後押しを受けたホームチームがチャンスを作り続け、ハーフタイム前にはリードを奪う展開に追い込まれた。
 
ナポリのゴールが生まれたのは24分。インシーニェとハムシークのコンビネーションからメルテンスにボールが渡り、ケイラー・ナバスとの1対1を落ち着いて決める。レアル・マドリードもすぐに反撃する。29分、ベンゼマのナポリDFラインを割るパスを受けたクリスティアーノ・ロナウド。レイナを交わすまでは完璧だったが、ポルトガル人FWのシュートは不運にもポストを直撃してしまう。
 
チャンス
レアル・マドリードは試合を振り出しに戻すチャンスを手にしたが、同様にナポリも8分後に得点差を広げるチャンスを掴んだ。エリア内でボールを受けたメルテンスのシュートをケイラー・ナバスが止めることは出来なかったが、ポストがチームを救う。1対0のスコアのままハーフタイムに。

レアル・マドリード、公式戦47試合連続得点

ハーフタイムのミーティングでチームは活を入れピッチに姿を見せる。47分にベンゼマが口火となるプレーを見せる。だが、フランス人FWのボレーシュートは枠を捉えることが出来なかった。とはいえ、このプレーが次のセルヒオ・ラモスのゴールの序章となるものだった。4分後、クロースの放ったCKからマドリードのキャプテンが誰よりも高い打点のヘディングシュートを放ちネットを揺らす。
 
セルヒオ・ラモスの2得点
6分後、1点目と同じ主役が輝く。ドイツ人MFが右CKを蹴り、スペイン人DFが頭で再び合わせる。ボールはメルテンスの頭にあたり、レイナの虚をつきネットに吸い込まれていった。まるで10度目の欧州王者に輝いたバイエルン・ミュンヘン戦のようにセルヒオ・ラモスの2得点でレアル・マドリードは1対2と試合を逆転することに成功した。
 
3点目を決めたモラタ
83分、カルバハルがループで相手DFを抜く素晴らしい個人技から1対3に相応しいチャンスを作るものの、シュートは枠を外れていく。そして、ロスタイムにチームはこの試合3点目を決める。クリスティアーノ・ロナウドのシュートをレイナが弾いたところ、モラタがしっかりと詰めてネットを揺らした。この勝利でロス・ブランコスはベスト8に進出を決め、次の対戦相手を待つ権利を手にした。3月17日金曜日、その相手が決まる。
 

検索