EmiratesAdidas
Sevilla - Real Madrid

ラモス: 「先を見て、国王杯のことを考えなければ」

ニュース | 15/01/2017

「チームは素晴らしい試合をしたし、僕らがうつむくことはない」とバラン
サンチェス・ピスファンでの試合のあと、セルヒオ・ラモスがメディア対応をした。「とても難しい試合になった。とても難しいスタジアムで非常に良い仕事をしている相手と戦うことになるっていうのは分かっていた。僕はレアル・マドリードが素晴らしい試合をしたことで誇りに思っているけど、僕らは最後の場面で時間を上手く使う術を知らなかった」。
 
「僕らにとって新しいシステムでプレーし、高いポゼッションがあったこと、試合をコントロールしたことに胸を張るべき。導き出される結論はポジティブなものだけど、残念なのは試合に負けたこと。今からより高い山を登って行くような戦いになるが、どこがより早く進みペースを守って行けるかの勝負になる」。

抗議の口笛
「いつでもそういったことから避けるようにしていて、ほかの対応を受けられたら良かったけどその考えを変えるつもりはない。個人のレベル、自分のチームに誇りを持っている。悪い結果だったとはいえそれでも僕らは首位で、状況は僕ら次第。今僕らは先を見て、国王杯のことを考えなければならない」。

バラン: 「このチームにはキャラクターがあり、僕らは最後まで戦って行く」

「僕にとって抗議の口笛を吹かれた中でベストの試合の中の1つではあるけど、そういったものに関わらないようにしている。自分の全力を出すように努め、自分の見せた振る舞いに満足している。キャプテンとして自分のチーム、ファンからの愛情を感じたし次のことを見て行かなければ。大事な勝ち点3だったから敗戦を悲しんでいる」。
 
サンパオリ
「素晴らしい監督のようだし、代表チームを率いていた時に成功を手にしたのは単なる偶然の産物ではなく、今セビージャは上位に食い込んでいる。彼の最善を祈っている。真っ向から向かって行くタイプの人たちが僕は好き」
 
バラン: 「このチームにはキャラクターがある」
「結果を残念に思っている。チームは素晴らしい試合をし、僕らは胸を張ってここを去って行く。監督がこのシステムで戦う判断をし僕らは1週間を通して準備したが、良い結果を出すにはもう少し足りなかった。サッカーはちょっとしたことで勝負が決まるが、僕らが戦うのを止めることはない。このチームにはキャラクターがあり、僕らは最後まで戦って行く」。

検索