EmiratesAdidas
Legia Varsovia - Real Madrid

レアル・マドリード史上のCL最速ゴールとなったベイルのスーパーボレー

動画を見る

ニュース | 02/11/2016

「僕たちは試合をコントロールしたが集中力を欠いた」とウェールズ代表FWは語った
ガレス・ベイルがアウェーで行われたレギア・ワルシャワ戦で、ペナルティエリア外からのスペクタクルなボレーでチームの先制点を記録した。そのゴールに要した時間は開始わずか55秒。これはレアル・マドリード史上のCL最速ゴールとなった。

ベイルはワルシャワで起こったことについて次のように語っている。「説明することができない。僕たちは今日起こったことを考えると満足できないし、このことから学ばなければいけない。試合をコントロールしたと思うが、でも0-2とした時に集中力を欠いてしまった。このレベルでそれは高い代償を支払うことになる。僕たちは守備面を改善する必要があるし、再びこのことが起こらないため、そしてより強くなるためにこの失敗から学ばなければいけないんだ」

試合を決着させること
「無観客試合をプレーするのはおかしな感じだったが言い訳はしない。僕たちはこの結果に満足していない。守備面を改善しなければいけないし、チャンスをしっかりと生かす必要がある。僕のゴールはとても美しいものだったけれど、チームの勝利に役立てることができなかった。大事なのは勝利することだったんだ」

「僕たちがやらなければいけなかったのは、勝っている時に試合を決着させることだった。戦術のせいではない。僕たちは集中力の欠如を改善しなければいけないんだ。なぜなら何度も馬鹿げた失点をしているからね。そのことを分析する必要があるし、ポジティブなものを手に入れなければいけない。僕がレギアに驚かされることはなかったよ。彼らはベルナベウで非常にいいプレーをしていたからね。僕たちはミスを犯し、そして彼らはゴールを決めたんだ」
検索