EmiratesAdidas
Roma - Real Madrid

「CR7の魔法がレアルの道を切り開いた」

ニュース | 18/02/2016

世界のメディアが、ローマでのマドリードの勝利とクリスティアーノ・ロナウドの素晴らしいプレーぶりを取り上げる。
世界のメディアが木曜、ローマでのレアル・マドリードの勝利を伝えた。イタリアではクリスティアーノ・ロナウドのプレーぶりが讃えられた。「CR7がローマを飼いならす」と、ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト紙。コリエレ・デロ・スポルト紙は「フェノメノ(天才)ロナウド。CR7の魔術がレアルの道を切り開いた。ローマは良いプレーをしたがそれだけでは十分ではなかった。超人的ストライカーとヘセがダメージを与えた。スパレッティのチームは勇敢で可能性を残しているが、スペインチームは容赦なかった」とした。

コリエレ・デラ・セーラ紙は「ローマはロナウドのレアルにやられた。良いプレーをしたが、ゴールゲッターを抱えているマドリード相手には十分とはいえなかった」と見出しをつけた。また「スパレッティはあれ以上のことはできなかった。ロナウドのシュートを前に意気消沈」との記述も。トゥットスポルト紙はクリスティアーノ・ロナウドを「スペクタクル」と、ラ・レプブリカ紙は「ロナウドとヘセがジャッロロッシの夢を打ち砕いた。スパレッティのチームは1時間に渡り持ちこたえたが、その後、明らかにまさるロス・ブランコスの前に敗れた」と分析した。

フランス
レキップ紙は一面で「欧州がジダンに微笑みかけた。ジダンは平穏と羨望をもたらした」と定義。同じ論調だったのはル・パリジャン紙で「チャンピオンズはジズーにそのイメージに相応しい舞台を提供した。エル・レアルはすでに準々決勝に進出し、ジダンは歴史を変えたと主張することができる。それは1988年以降のチャンピオンズでクラブがイタリアクラブを破ったということ」とした。

レキップ紙は「欧州がジダンに微笑む」と見出しをつけた

ル・モンド紙は「ジネディーヌ・ジダンにとっては監督として初のチャンピオンズリーグの試合で、レアル・マドリードはローマを相手に0−2と勝利」と報道。一方ル・フィガロ紙は「レアル・マドリードのジダンはすでに準々決勝に足を踏み入れている。フランス人監督の欧州デビューで、マドリードはASローマのピッチで勝利(0−2)した」とした。またポルトガルのア・ボラ紙は「ロナウドがチャンピオンズ勝利の足がかりを作る」と伝えた。

マドリードの牽引役、ロナウド
アルゼンチンではオレ紙が「ロナウドが手綱を引く」と表現。続けて「ジダンのマドリードはベスト16の第1戦で光を見いだすため後半にアクセルを踏んだ。この試合で一番の出来を見せたクリスティアーノが突破口を作り、ヘセがリードを広げ、ジズーが落ち着いて第2戦を迎えられるようにした」と付け加えた。

最後にニューヨーク・タイムズもポルトガル人選手の活躍を讃えている。「クリスティアーノ・ロナウドはマドリードの勝利を後押しした。勝利はジネディーヌ・ジダンのデビューを成功に終わらせ、チームの準々決勝進出に向けて大きな一歩になった」とした。

検索