EmiratesAdidas

Real Madrid - Espanyol

6-0: C・ロナウドの3発などでマドリードがゴールラッシュ

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 31/01/2016 | Alberto Navarro

ポルトガル人選手のほか、ベンゼマ、ハメス、ドゥアルテのオウンゴールでエスパニョールを下し、チームはベルナベウで7連勝とした。
  • リーガ
  • 22節
  • 31/01/2016
サンティアゴ・ベルナベウ
6
0
レアル・マドリードが記憶にとどめておくべき前半の戦いぶりで エスパニョール相手にゴールラッシュ、ベルナベウで7連勝を果たした。スペクタクルだったのはホームチームの試合立ち上がり。開始1分からゲームを支配し、プレーを楽しむとともにスタンドのファンを喜ばせた。ロス・ブランコスは最初の15分でエキシビジョンを展開、3点を決めて試合の大勢を決めた。

7分にベンゼマがヘッドで先制、選手は好調を維持している。ハメスがアシストし、フランス人選手がここ5試合で7点目となるゴールを記録。その5分後、ロス・ブランコスが追加点を挙げる。ベンゼマの1タッチプレーから、シュートに入るところのクリスティアーノ・ロナウドがロコに倒された。与えられたPKをポルトガル人選手がミスすることなく決め、自身リーグ17点目とした。

ベンゼマがアマンシオに並びレアル・マドリード歴代10位となる得点を決めた

スタンドのファンが立ち上がり、まだホームチームに喝采を送っているところで3点目が生まれる。16分にハメスがゴール正面でボールを受け、顔を上げるとシュート。ボールはディオプに当たりアルラの意表を突いた。ロス・ブランコスはこれ以上を望めない展開で、ファンを虜にした。特にスタンドからの拍手を受けたのはマルセロ。パスカットから正確なサイドチェンジはファンを魅了するものだった。

クリスティアーノ・ロナウドのスーパーゴール
それでもハーフタイムを前に芸術的なプレーが残っていた。クリスティアーノ・ロナウドが45分にエンソ・ロコの背後を突き、ヒールタッチのあとR・ドゥアルテとアルバロを抜き去り、左足でアルラを破った。最高の形で前半を終えた。

無失点
この時点で目標は達成していたものの、ロス・ブランコスは攻撃の手を緩めなかった。ベンゼマは62分のヘディングシュートでドブレテを達成することも可能だったが、アルラがこれを阻む。82分には5点目。決めたのはこの試合最高の出来を見せた選手。拍手の中ピッチを去ったモドリッチに替わり入ったヘセのアシストから、クリスティアーノ・ロナウドが頭で押し込んでマドリディスタとして35回目となるハットトリックを達成。奇しくもカンテラ選手は試合最後の得点で主役になる。彼のセンタリングがオスカル・ドゥアルテのクリアミスを誘った。

Buscar