EmiratesAdidas
Real Madrid - Málaga

ケイラー・ナバス:「僕たちは勝てたから苛立っている」

ニュース | 26/09/2015

「あらゆる形で得点を目指したが、ボールは入ってくれなかった」とマルセロ。
ケイラー・ナバスがマラガ戦の後、自身の手応えについて話した。「説明するのは難しい。もっと落ち着き、自分たちが何をしくじったか見なければならない。僕たちは苛立っている。勝てた試合だったけど、そうできなかったからね」

「大会は続くし、先は長くて、僕たちはこの先さらにポイントを失わないようにし、目標に近づくように努める。自分のプレーについては落ち着いている。僕はいつもうまくやるように努めているからね。幸いチームが必要としているときに応えることができた。だからこそすべき仕事をしている」

チームのプレーぶり
「僕たちは守備面で良い仕事をしていて、今日ゴールがなかったのは残念なこと。サッカーではチャンスがあっても相手ゴールに嫌われると得点することができない。僕は仕事をしっかりやるようにしていて、ファンが楽しんでくれると満たされる」

カメニへの賞賛
「素晴らしい試合をした。彼は働き者でチームメイトの働きぶりを理解する術を知っている。それはポジティブなこと」

ケイラー:「リーガの戦いは長く、これ以上ポイントを失わないように努める」

「すべての試合は難しく、僕たちは勝利を望み、引き分けを狙って行くことは決してない。チームはビルバオで良い試合をし、今日は大事な勝ち点2を取り損なった。しかし僕たちは偉大な取り組みをしたのだから、落ち着いた気持ちでいなければならない」

マルセロ:「首位に戻れるように戦い続ける」
「こういう試合はサッカーではあることで、サイド、中央と僕たちはあらゆる形で得点を目指したけど、ボールはゴールに入ってくれなかった。リーガはまだまだ先が長く、最後まで全力を出さなくちゃいけないってことは分かっている。また首位になるよう戦い続ける」

無失点試合
「目標の一つは失点0をキープするということで、僕たちはそれを達成しているけど、上位にいるためには同じように得点しなくてはならない。簡単な試合なんてなくて、一つ一つに最後の試合のつもりで立ち向かっていかなければならない。バルセロナでのエスパニョール戦はハードだったし、アスレティック戦もそうで、今回がこれで、けど言い訳は通用しない。今はチャンピオンズのことを考えないと」

クリスティアーノ・ロナウド
「彼がどういう人物なのかは誰もが知っている。彼は記録達成に執着しているのではなく、チームの勝利に役立つことに努めている」

審判、メッシ
「選手たちと同じうように審判がミスすることもある。メッシが早く怪我から回復することを祈っている」

検索