EmiratesAdidas
Real Madrid - Granada

1-0: グラナダ戦でベンゼマが4連勝に導く決勝点

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 19/09/2015 | Alberto Navarro

4試合連続となるフランス人選手のゴールが、レアル・マドリードに勝ち点3をもたらす。チームは公式戦で無失点をキープ。
  • リーガ
  • 4節
  • 土, 19 9
サンティアゴ・ベルナベウ
1
0
レアル・マドリードは勝ち点を重ね続け、連勝を4に伸ばした。ロス・ブランコスは今週行われた3試合で勝利し、うち2試合はゴールラッシュ。今季サンティアゴ・ベルナベウで勝利しか知らないチームの最後の犠牲になったのは、グラナダだった。

簡単にはいかなかった。前半は両チームがチャンスを掴んだものの得点がないまま終了。グラナダは先制を狙ったが、マルセロが8分あわや失点につながるシーンでボールをクリア。反撃はその11分後。イスコが相手守備ラインのギリギリを狙ってクリスティアーノ・ロナウドにパス、アンドレス・フェルナンデスと1対1の局面を迎えた。アウェーチームのゴールキーパーは動きに冴えを見せこれを阻むと、跳ね返ったボールを受けたベンゼマはこれを得点につなげることができなかった。

ロナウドへの喝采
試合は均衡が保たれ、モドリッチが得点チャンスを迎えた。31分にクロアチア人選手はクリスティアーノ・ロナウドとのコンビプレーからシュート。しかしこの日当たっていたアンドレス・フェルナンデスが阻んだ。

ケイラー・ナバスは5試合で無失点

アウェーチームの守護神はチームを救い続けたが、ハーフタイムの前にはナバスも好プレーを披露する。20分に得点が無効とされたエル・アラビが放った39分のシュートをマドリードのキーパーがこれ以上ない形で跳ね返した。

待望のゴール
後半に入っても試合展開に大きな違いは見られなかった。そして55分、イスコが左サイドから左足でセンタリング、ベンゼマが頭で合わせゴールネットを揺らした。フランス人選手はここ4試合でいずれも得点と、好調をキープ。ロス・ブランコスは試合の主導権を握ったものの、59分にはエル・アラビが同点のチャンスを掴む。しかしこれもナバスがファインプレーで立ちはだかった。

堅実さのある後方
77分にはチェリシェフがベンゼマと替わって出場。84分にはアンドレス・フェルナンデスのクリアボールから、得点するチャンスもあった。勝敗が分からない展開は最後まで続いたものの、ロス・ブランコスは今季これまで示している手堅い試合運びで公式戦無失点をキープ。失点0はこれではや5試合となっている。

検索