EmiratesAdidas

Espanyol - Real Madrid

0-6:レアル・マドリード、クリスティアーノ・ロナウドの5得点でゴールラッシュ

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 12/09/2015 | Alberto Navarro (バルセロナ) | 写真: Antonio Villalba

エスパニョール相手にポルトガル代表FWの3ゴールとベンゼマの4点目で、ロス・ブランコスは前半30分間で試合を決定づける。
  • リーガ
  • 3節
  • 12/09/2015
コルネジャー・エル・プラット
0
6
レアル・マドリードは勢いに乗り始めていることをコルネジャ-エル・プラットで証明した。リーガ3戦無敗、無失点のロス・ブランコスはカタルーニャのチーム相手に優雅なプレーでゴールラッシュを披露し、最初の30分間で試合を決め、リーグ戦2勝目を飾った。両試合とも大量得点を記録し、合計11ゴールでリーグ戦最多得点チームになっている。

レアル・マドリードは早々に試合を方向づけ、ゴールに必要とした時間はわずか7分。モドリッチがエスパニョールDFアルビージャの裏を抜けるクリスティアーノ・ロナウドに気づき、中盤からロングパス。ポルトガル代表FWはボールをコントロールし、エスパニョールGKパウ・ロペスと差し向かい、素晴らしいシュートで先制する。

新記録
マドリディスタたちはエスパニョール監督セルヒオが計画した5人のDFラインをこうして突破し、その10分後にはさらに得点差を拡げる。ベイルがシアニにペナルティエリア内で倒され、クリスティアーノ・ロナウドがPKでゴールを奪う。このゴールでポルトガル人選手は、レアル・マドリード史上リーグ戦アウェーゲームで初めて100ゴール超えを達成した選手となった。

ロナウドはクラブのリーガ最多得点者になった。

クリスティアーノ・ロナウドのゴールラッシュはこれに止まらず、その3分後には1試合で3得点以上を決める今シーズン最初の試合を記録した。レアル・マドリードの選手としては32回目のこととなった。このゴールはベイルがカウンターからクロスを上げ、ロナウドがDFの前に入り左足の絶妙なタッチでゴールを決めたもの。そして4ゴール目もまたスピードあるカウンターから生まれる。28分、今度はクリスティアーノ・ロナウドがアシストし、ベンゼマが得点を奪う。

3試合連続無失点
42分にもレアル・マドリードに5点目を奪うチャンスがあったが、フランス代表FWのシュートはポストに嫌われる。後半に入り、再びクリスティアーノ・ロナウドがゴールを割る。61分、すでに1アシストを記録しPKも誘発したベイルがグラウンダーのパスを出し、クラブ史上リーガ最多得点者がボールをネットに沈める。そして81分、ポルトガル代表FWは5ゴール目を決め、ゴールラッシュを締めくくった。

リーグ戦無失点のレアル・マドリードは、最高の形でまだ2試合戦わなければならない週のスタートを切った。今度の火曜日には、ベルナベウでシャフタール・ドネツク相手にチャンピオンズリーグ開幕戦を迎える。

Buscar