EmiratesAdidas
Kiko Casilla

キコ・カシージャのプロフィール

ギャラリーを見る動画を見る

ニュース | 17/07/2015

スペイン代表GKは2000年から2007年まで、ロス・ブランコスのカンテラに所属。
キコ・カシージャ(1986年10月2日、タラゴナ・アルコベル生まれ)がレアル・マドリードの新メンバーに。チームは2000年から2007年までマドリードのカンテラでプレーし、国内最高のGKの一人として地位を確立した選手を獲得しGKのポジションを補強する。カシージャは現在28歳で、前所属クラブはエスパニョール。スペインフル代表選手でもある。

リーチが非常に長いGKで、空中戦の強さやスペクタクルなセーブを可能にしてきた反射神経が際立っている。実際、ここ2シーズンのリーガでは最多セーブ数(209回)を記録したGKとなっている。

プリメラで115試合に出場している

カシージャはロス・ブランコスの下部組織でプレーしていたため、レアル・マドリードを完璧に知り尽くしている。2000年夏にカデテBへ入団し、2005-06シーズンと2006-07シーズンはセグンダでプレーしたカスティージャの一員だった。その最後のシーズンはトップチームの活動にも参加し、第3GKとして何度も招集された。

2007年にエスパニョールへ移籍。その時の所属はBチームだったが、トップチームで数々の試合を戦った。カディス(昇格戦含む)やカルタヘナでのプレーを経た後の2011年に、エスパニョールのトップチームメンバーとなった。そこで近年、急激な進歩を遂げている。

スペイン代表に何度も招集された後の2014年11月、ドイツとの親善試合で代表デビューを果たした。そして2015年2月にはプリメラ100試合出場を達成。プリメラでの地位を固めた今、ラファ・ベニテスのチームを補強するためレアル・マドリードに復帰する。

経歴
ナスティック (2000)
レアル・マドリード下部組織 (2000-2005)
レアル・マドリード・カスティージャ (2005-07)
エスパニョール B/エスパニョール(2007-08)
カディス (2008-10)
カルタヘナ (2010-11)
エスパニョール(2011-15)
レアル・マドリード(2015- )

検索