EmiratesAdidas
Cornellà - Real Madrid

1-4: 国王杯王者、ベスト16を手元に引き寄せる

ギャラリーを見る動画を見る

マッチレポート | 29/10/2014 | Alberto Navarro

バランの2得点、チチャリート、マルセロの得点でコルネジャを破り、チームは公式戦10連勝。
 
  • 国王杯
  • ベスト32 (第1戦)
  • 水, 29 10
パワー8 スタジアム
1
4
国王杯タイトル防衛のかかるチームは幸先の良いスタートを切った。パワー8スタジアムでレアル・マドリードはコルネジャを相手に大勝し、次ラウンド進出のチケットを手元に大きく引き寄せただけでなく、公式戦10連勝を達成。スコアボードは早々に動いた。10分、ハメスの放ったCKをバランが頭で合わせてネットを揺らす。

ボールをキープし、チャンスを作り続けたアウェーチームの喜びは、長くは続かなかった。コルネジャは10分後、カウンターから同点ゴールを決める。ペップ・カバジェが空中戦に勝利し、ホセレがダイレクトでつなぎ、オスカル・ムニョスがナバスの守るゴールを破る。

再びバラン
失点をしたが流れは変わらない。マドリードは試合を支配していたが、コルネジャは自陣で守備を固め、カウンターからゴールを狙う。チャンスはアウェーチームが作り続ける。ハメスの左足のアウトサイドからのクロスは、セゴビアがCKに逃れるしかなかった。だが、これは2点目の序章でしかなかった。36分、イスコの蹴ったCKを再び、バランが空中戦の強さを見せつけ、ヘディングでゴールネットを揺らした。
 

バラン、今季初得点。

フランス人DFはプロとして初の1試合2得点。アンチェロッティのチームが日々取り組んでいるセットプレーが、その成果をもたらしていることを再び示した。今シーズン、すでにセットプレーからチームは8得点(リーガ5、国王杯2、CL1)を上げている。

DF陣が4点中3点
後半も国王杯現王者の攻撃力が爆発した。得点を決めたのは、今度はバランではなくチチャリート。53分、エリア内でボールを奪い返したメキシコ人FWは、GKセゴビアの手の届かない逆サイドにボールを送り込んだ。得点差を広げたマドリードは、その得点力の高さを再び見せた。

アウェーチームの得点はこれだけではない。公式戦デビューを飾ったラウール・デ・トマスと交代する前にイスコが75分、ゴール正面からシュート。23番のシュートはセゴビアにはじかれるものの、詰めていたマルセロが押し込んで4点目。ブラジル人DFの国王杯初得点は、マドリードの大量得点勝利を飾るものとなった。

検索