EmiratesAdidas
contenido

レアル・マドリードがアメリカを訪れるのは16度目

マドリディスタチームはルイス・デ・ウルキホ会長の下、1927年に初めてアメリカ大陸の土を踏み、約3ヶ月間滞在した。その時からそのゾーンやその地域のサポーターとの連携を強めている。

レアル・マドリードは第1回となる1927年のアメリカ大陸ツアーでアルゼンチン、ウルグアイ、ペルー、キューバ、メキシコ、アメリカの6カ国を訪れた。アメリカでは300人のガリシア出身者に作られたガリシアSCと対戦するためニューヨークに行っている。

1959年夏にはベルナベウ会長とともに再びアメリカ大陸へと帰り、まずコロンビア、エクアドルに降り立った。そのツアー最後の舞台はニューヨークで、チャンピオンズカップ4個のトロフィーを保持し、伝説のヘント、ディ・ステファノ、プスカシュ擁するチームはオーストリアのグラーツと対戦した。

アメリア大陸ツアー最多得点勝利はロサンゼルス・ユナイテッド相手の0-9。

1961年、ツアーはチリに始まり、最後は再びアメリカで終わっている。そこではロサンゼルス・ユナイテッドと対戦した(0-9で勝利)。その試合はディ・ステファノのハットトリックしたことで記憶されている。始球式は女優リタ・ヘイワースでアメリカのテレビによりカラー収録された。

その4年後、‘イェーイェー・マドリード’はニューヨークでインデペンディエンテ・デ・アベジャネダと対戦(1-1のドロー)。1967年には世界初のドーム型スタジアム、アストロドームでウェストハムと対戦するためヒューストンを訪れた。この試合はメキシコの2つのテレビ局により生中継された。そしてマドリードは再びニューヨークを訪れニューヨーク・ゼネラルを4-1で破っている。

その20数年後、ロス・ブランコスはアメリカへと帰った。1990年には25日かけてメキシコ、アメリカを踏破した。ブジョやゴルディージョ、得点王ウーゴ・サンチェス擁するトシャック監督率いるチームは107ゴールを決めた輝かしいリーガ後、ロサンゼルスで4試合行い3勝を挙げた。しかしキンタ・デル・ブイトレの面々はワールドカップ・イタリア大会のため不参加だった。


21世紀のツアー
21世紀初頭、ロナウド、フィーゴ、ジダンやベッカムといったスーパースターの到来はアメリア大陸のレアル・マドリードのメディア報道を増加させたが、クリスティアーノ・ロナウドやカカーのようなワールドクラスの選手たちとの契約選手により、その国際的名声はさらに成長し続けることになるだろう。

2002年にマドリードは再びアメリカ大陸の土を踏んでいる。ロベルト・カルロス、フィーゴ、ジダンを率いニューヨークへと旅立った。2005年にはロナウド、ベッカムがメンバーに加わり、チームはシカゴ、ロサンゼルスを訪れた。その1年後の舞台はユタ、シアトルだった。


2009年夏、レアル・マドリードは新入団選手クリスティアーノ、カカーを引き連れ、ワシントンをプレシーズンの準備の場所に選んだ。フェデックス・フィールドが舞台となり、そのライバルはDCユナイテッドだったが、マドリディスタチームは0-3で勝利した。2010年には初めてロサンゼルスでプレシーズンの合宿を行っている。ローズボウル・スタジアムでギャラクシー、サン・フランシスコでアメリカ・デ・メヒコと親善試合を行った。

昨年、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ王者に輝いた。

2011年、レアル・マドリードはカリフォルニアに帰ってきた。13日の間にロサンゼルスでギャラクシー、サン・ディエゴでチーバス・グアダラハラ、フィラデルフィアでフィラデルフィア・ユニオンと対戦した。2012年にはロサンゼルスにあるUCLAのキャンパスでトレーニングを行ない、ラス・べガス、ニューヨーク、フィラデルフィアを訪れている。

最後にアメリアを訪れたのは昨年のことで、その舞台はフェニックス、ロサンゼルス、マイアミ、セント・ルイスだった。チームは第1回インターナショナル・チャンピオンズ・カップに参加し、ギャラクシー、エバートン、チェルシーに勝利し王者となった。その後、ロス・ブランコスはセント・ルイスでインテル・ミラノ(3-0で勝利)と親善試合を行い2013-2014のプレシーズンを終了した。

検索