EmiratesAdidas
Real Madrid Castilla - Sabadell

2-1:カスティージャ、サバデルに勝利し降格圏脱出

ギャラリーを見る

マッチレポート | 31/05/2014

後半、メドランの2得点で試合はマドリードの勝利に傾く。
  • リーガ・アデランテ
  • 41節
  • 土, 31 5
アルフレド・ディ・ステファノ
2
1
アルバロ・メドランの交代は、カスティージャがサバデルから勝利を手にする上の鍵となった。MFはファーストプレーで得点を決めたのに続き、4分後再び、カタルーニャのチームのゴールをこじ開けた。MFの2得点でチームは勝利へと前進し、降格圏から脱出を決めている。シーズン最終節、チームは自分達の力で残留を決めることが可能となった。

前半、精度の低さから両チームとも目標達成が厳しいものであることを示すパフォーマンスだった。流動的なサッカーの楽しみもチャンスもなかった。唯一のハーフタイム前のチャンスはロス・ブランコス。10分間の間、ルカス、ホセ・ロドリゲスがゴールの匂いをさせた。ナウセットのセーブはこの試合の賞賛すべき選手であり、際立っていた選手だった。無得点でロッカールームに戻ったチームだが、イメージ的にはリードを奪って終わった45分だった。

アルバロ・メドラン、カスティージャ初得点 

後半開始、ウィリアン・ホセの放ったFKはポストを叩く。1-0の数字を達成する為,チームメートたちは新たなエネルギーを注入。だが、得点盤が動くには時間が必要だった。途中交代のメドランが、左サイドでシュートを放つとDFクレスピに当たり、ナチュラルなループシュートとなり、飛び出すGKの逆を突きネットを揺らす。4分後、MFはエリア外から再びネットを揺らした。

今節の結果はカスティージャが降格圏脱出を認めた。実際、他チームの結果は選手、スタンドの人々の注意を引くもの。サバデルのゴールは84分、以降、緊張した展開が試合終了まで続いた。だが、一度試合終了の笛が鳴ると選手、サポーターは歓喜を表した。カスティージャはアルフレッド・ディ・ステファノスタジアムでの戦いを勝利で終えた。最終節のムルシア戦、チームはセグンダ残留をかけて戦う

検索