LazoGanadores de Champions LeagueOtro
Real Madrid - Partizán

レアル・マドリード、初アウェーのバイエルン戦でプレーオフ進出の切符を目指す

ニュース | 13/03/2014

アウディドームで勝利の鍵を握る点となるトップ16リバウンド最高の2チームが激突する
1週間も経たずに3度目となる新たな旅、そして勝利を目指す新たな戦いでレアル・マドリードは、今まで一度もプレーしたことがないミュンヘンのアウディ・ドームでバイエルンと対戦する。会場は満員となり、ドイツチームはマドリディスタの勝利を回避することを目指す。なぜならもしラソ監督のチームが勝利した場合、ユーロリーグ準々決勝のチケットを手に入れてしまうからである。今回はグループF首位と5位の対戦となる。

ロス・ブランコスは8勝を挙げミュンヘンへと到達しており、トップ16残り4試合で5位のチームに5勝のアドバンテージを持つための9勝目を目指している。数字上ではすでにヨーロッパのトップ8チーム入りがほぼ確定している。ドイツチームを倒さなくてはならない前だが、パブロ・ラソはトップ16第1戦では今シーズンのユーロリーグ最高スコアの11-87で勝利したにもかかわらず、彼らに何か難しいものを感じている。忘れてはならなのは、ロス・マドリディスタがトップ16最多得点チームであるということ。その1試合平均は86.2得点である。一方、今回のライバルは約71得点で12位である。しかし、パラシオ・デ・ラス・デポルテスで行われたトップ16第3節で、ロス・ブランコスはドイツチームにまさしくその72得点を決められ最高の20分間を許してしまっていた。

Pesic「レアル・マドリードのいくつかの選手たちはNBAのチームでリーダーとなれる高いクオリティを持っている。僕たちが勝利するためには、アグレッシブなディフェンス、エクセレントなオフェンスをしなければならない」

キャロルとドラッパーという欠場者はいるものの、マドリディスタの攻撃的手段は無数にある。二人のセルヒオは、トップ16で1試合平均13.33得点を決めているドイツチームのトップスコアラーDelaneyを抑える役割を担うだろう。しかし、セルヒオ・ロドリゲスが15.11得点、リュルが13.22得点を記録していることを忘れてはならない。もしこのコンビに12.22得点のルディ・フェルナンデスが加わると、コートで破壊的トリオを目撃することになる。

試合の鍵はディフェンスとリバウンド
とはいえ、マドリディスタの中で最も相手を威圧する選手の一人、ボウロウシスが警告しているように、バイエルンの最も危険な点のひとつとなっている、二つ目の選択肢を与えるリバウンド能力に多大な注意を払わなければならないだろう。アウディ・ドームのコートでは、バイエルン38.7リバウンド、マドリード35.8リバウンドという、トップ16のチーム最高リバウンド記録を誇る2チームの対戦が行われる。そこでスキルの高いBryant(1試合平均6.78リバウンド)、Thompson(4.78リバウンド)と、ボウロウシス(5.89リバウンド)のようなマドリードの巨漢たちが競い合う。そしてもちろん、フェリペ・レジェスやスローターのようにコンスタントに戦う選手たちもいる。いずれの場合にせよ、ドイツチームのスターの一人であるDeon Thompsonは「もし僕たちが戦いたければ自分たちの最高のプレーをしなければいけない。ディフェンスが鍵となるだろう」と認識していた。

招集メンバー
ポイントガード:リュル、セルヒオ・ロドリゲス、A.マルティン
スモールフォワード:ルディ、ダーデン、ディエス、バレイロ
パワーフォワード:レジェス、ミロティッチ、スローター
センター:ボウロウシス、メジュリ

5

スモールフォワード

30

センター

9

パワーフォワード

検索