EmiratesAdidas
Leganés - Real Madrid

レガネス vs レアル・マドリード:勝利でリーガ終了を狙うチャンピオンチーム

動画を見る

ニュース | 19/07/2020 | Alberto Navarro

ロス・ブランコスはこれまでのスペクタクルな戦いぶりの継続と11連勝を狙ってブタルケを訪れる(スペイン時間:21時、日本時間:20日4時)
通算34回目のリーガ優勝から3日後、レアル・マドリードは 2019/20シーズン最終戦の会場。、エスタディオ・デ・ブタルケで初めてチャンピオンチームとして試合を行う。ロス・ブランコスの目標は11連勝を飾り、リーガ再開から全勝でリーガを終えることになる(スペイン時間:21時、日本時間:20日4時)。

大会へ敬意をしめさなければならず、レガネス戦では良い試合をするよう努める」とは試合前会見でのジダン監督。フランス人監督はロス・ブランコスが大会最少失点(23点)、最多勝利(26勝)、アウェー最多勝ち点獲得(37ポイント)という記録とともに臨む試合に備えて22選手を招集した。

レアル・マドリードはリーガ最少失点チーム

最近数週間での上々の結果を続けて大会最後の仕上げをするほか、ロス・ブランコスはいくつかの刺激と共にブタルケでの戦いに挑む。その中の1つは、素晴らしい守備を維持して同大会20回目となる無失点での試合終了。リーガ再開からチームが喫したのは4失点のみとなっている。さらにクルトワは係数0,59(34試合で20失点)でサモーラ賞のレースでトップに立っている。またベンゼマは最近3節で4得点、大会21点という自身の得点ペースをさらに上げるべく狙っている。
 
1部残留を賭け戦い
「レガネスは1部残留の可能性を前に生きるか死ぬかの戦いに臨む。終盤で素晴らしい追い上げを見せた後、マドリードのチームは残留ラインの基準となるセルタまで勝ち点1のところで最終節を戦う。ガルシア州チームとの直接対決で不利な結果のため、アギーレ監督のチームが来季も1部で戦うためには自分たちが勝ち、セルタがエスパニョールのホームで勝ち点3を積み重ねないことが必要になる」。

検索