Athletic de Bilbao - Real Madrid

1-2:リーガ首位のレアル・マドリード、サン・マメスで確固たる強さを証明

ギャラリーを見る

マッチレポート | 18/03/2017 | Alberto Navarro (Bilbao)

ベンゼマとカゼミーロのゴールでアスレティックに勝利
  • リーガ
  • 28節
  • 18/03/2017
サン・マメス
1
2

レアル・マドリードはサン・マメスで重要な勝ち点3を勝ち取り、首位で代表ウィークによるリーガ中断期間を迎えることになった。ロス・ブランコスはハードな試合を制して公式戦4連勝を達成した。序盤はサポーターの後押しを受けたアスレティックが試合を支配しレアル・マドリードを苦しめた。まず7分、アドゥリスのクロスからラウール・ガルシアがアクロバティックなシュートを放つ。しかしケイラー・ナバスがセーブした後、ナチョがクリアした。そしてアスレティックにとって次の決定機がより大きなチャンスとなった。ベニャのFKをラウール・ガルシアがヘッドで落としジェライがシュート。しかし枠を捉えることはできなかった。

そこからレアル・マドリードが反撃を開始する。まずベンゼマのスルーパスをアクティブな動きを見せていたクリスティアーノ・ロナウドがトラップし、左足で対角線にシュートを放つ。しかしGKアリサバラガが素晴らしいセーブを見せた。そのわずか2分後にはベンゼマがDFの裏を取り、イトゥラスペをかわしクロスを入れるもゴールラインを割っていった。

ベンゼマがゴールを記録
ロス・ブランコスは攻撃を続け、19分にはシウダー・レアル・マドリードで練習してきたセットプレーで先制するところだった。クロースの蹴ったFKをセルヒオ・ラモスがヘッドで合わすも、シュートはわずかに枠の外。しかしそれは先制点の前置きとなった。25分、カゼミーロがDFラインの裏に抜け出すC・ロナウドへ素晴らしいロングパス。C・ロナウドはそれをしっかりとコントロールし、2タッチ目でベンゼマに送る。アスレティックDF陣を悩ませていたベンゼマがそのアシストから先制点を決めたのだった。

レアル・マドリードは今シーズンの全公式戦で得点を記録中

それ以降、26分のベイルのペナルティエリア外からのシュートを除き、ハーフタイム前までに際立ったチャンスはなかった。一方、後半は前半と同じようにエキサイティングな展開でスタートした。そして63分、ウィリアムズがナバスと1対1を迎えるチャンスを掴むもナバスがセーブ。しかしその2分後のシーンでは同じようにはいかなかった。ウィリアムズのクロスをラウール・ガルシアが頭で中に入れ、アドゥリスが決めて同点にした。

チームに勝利をもたらしたカゼミーロ
しかしアスレティックの喜びはわずかしか続かず、レアル・マドリードは失点からわずか3分後に反撃した。クロースのCKをクリスティアーノ・ロナウドが頭でファーポストに流すと、カゼミーロがトラップして難なく追加点を決めたのである。このゴールはこの試合大活躍のカゼミーロへの褒美のような形となった。さらにロス・ブランコスはマルセロとベンゼマのコンビネーションから点差を広げるチャンスを掴むが、最終的にマルセロのシュートはゴール上に外れていった。そこから最後までリーガ首位のレアル・マドリードは堅固さを見せつけ点差をキープし、アスレティックに勝利した。

Buscar