1. サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムでの試合
  2. 終了したサンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム

サンティアゴ・ベルナベウ会長は、ヌエボ・チャマルティンのオープンだけでは満足しなかった。増え続けるファンの期待に応えるスタジアム改良案が次々と頭に浮かんだ。1952年、建設の第2段階がスタートする。その目的は12万5000人を収容可能にすること、最新の設備を導入することだ。

1954年6月にはリニューアルしたスタジアムがオープンする。1955年、上級ソシオ総会は満場一致でサンティアゴ・ベルナベウへの改称を採択。その後も改修工事は度々行われ、1957年には世界最高の照明設備を持つスタジアムとなった。また、1965年には創設以来、マドリード市内を転々としていたクラブの全事務所をスタジアム内に移すことにした。

Buscar