1. Close
    リーガ 35節
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    バレンシアバレンシア
    試合情報
    リーガ, 35節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2017/04/29
    16:15
    チケット購入

    シェアfacebooktwittergoogle +

  2. Close
    Liga Endesa 31節
    Live the match in WiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    エストゥディアンテスエストゥディアンテス
    試合情報
    Liga Endesa, 31節
    WiZink センター
    2017/04/30
    18:30
    チケット購入

    シェアfacebooktwittergoogle +

チケット購入方法を選択

フロレンティーノ ペレス

2000 · 2006
出生地
マドリード
生年月日
08/03/1947

フロレンティーノ・ペレス会長はレアル・マドリードに世界的な名声を新たにあたえた。2度の会長就任の任期の間、クラブはサッカー部門、バスケット部門の2部門であわせて31のタイトルを獲得し、その中にはサッカー部門が3回、バスケット部門が1回、欧州王者を証明するヨーロッパカップのタイトルが含まれている。またクラブの経営を健全なものにし、世界1の資産価値を持つクラブと成長させ、全ての事柄において大きな変革を実行させ、アメリカ経済誌フォーブスが「世界でもっとも価値のあるスポーツクラブ」とクラブを評価するまでになった。

エンジニアであり企業家でもあるフロレンティーノ・ペレスは2000年7月、当時のクラブ会長、ロレンソ・サンスを破って会長職に就任。彼の手腕によりフィーゴ、ジダン、ベッカム、ロナウドといったスター選手たちがチームに加わった。高いレベルにあるサッカーとバスケの両チームで8つのタイトルを獲得するにいたった。

就任第1期にはさらに“サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムのディレクタープラン”というピッチの改善も行われた。そしてUEFAの“エリート・スタジアム”に類別され、2010年チャンピオンズリーグ決勝の舞台に選ばれた。2006年にはバルデベバスに、以前のクラブ総合練習場の10倍以上大きいシウダー・レアル・マドリードが建設された。

2004年に大多数の投票を受け再選したが、2年後に辞任。2009年に復帰し、スポーツ面でクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ベイル、ハメス・ロドリゲス、クロースといった選手たちを補強した第2期をスタートさせた。獲得したタイトルの中で2回のチャンピオンズリーグ(2014年、2016年)とレアル・マドリードにとって初となったクラブワールドカップ2が際立っている。またこの成功には、リーガ1回、UEFAスーパーカップ2回、国王杯2回、スペイン・スーパーカップ1回のタイトルが加わっている。バスケットでもスペイン国内外で成功を収め、ヨーロパカップ、コパ・インターコンチネンタル、3度のリーガ、5度の国王杯、3度のスペインスーパーカップのタイトルを獲得している。

フロレンティーノ・ペレスは10年以上クラブを率いており、シウダー・レアル・マドリード内にトップチームや下部組織の宿泊施設を建設するなど、近代化を図っている。


獲得タイトル

  • UEFAチャンピオンズリーグ3回
  • クラブワールドカップ2回
  • インターコンチネンタルカップ1回
  • UEFAスーパーカップ3回
  • リーガ3回
  • 国王杯2回
  • スペイン・スーパーカップ3回
  • バスケットチームのヨーロッパカップ1回
  • バスケット・リーガ4回
  • バスケット国王杯5回
  • バスケット・スペイン・スーパーカップ3回
Buscar