1. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    デポルティボデポルティボ
    試合情報
    リーガ, 15節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2016/12/10
    20:45

    シェア

    次へ

    リーガ20:45レアル・マドリードvsデポルティボ

    前へ
  2. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    グラナダグラナダ
    試合情報
    リーガ, 17節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2017/01/07
    13:00

    シェア

    次へ

    リーガ13:00レアル・マドリードvsグラナダ

    前へ

チケット購入方法を選択

デル・ボスケ ビセンテ デル・ボスケ

1968 · 1984
出生地
サラマンカ(スペイン)
生年月日
23/12/1950

成功に満ちたキャリア

ポジション:MF
出場試合数:公式戦339、親善試合106
通算得点数:25
スペイン代表:18試合

謙虚さ、才能、ハードワークの重要性という点で手本となる存在であり、これらをすべてあわせ持っていたがゆえにレアル・マドリードのレジェンドに名を連ねることとなった。サラマンカ出身の攻撃的ミッドフィルダーは、チームメートをまとめるのが非常にうまく、どの監督の下でもレギュラーとしてプレーした。
 
生まれ故郷の町サルマンティーノのクラブで選手としてのキャリアをスタートさせたのち、レアル・マドリードに入団。2シーズン後、ファーストチームに昇格したものの、クラブはまずレンタルに出して経験を積ませる道を選んだ。1年目はカステジョンに加入したがケガに悩まされた。翌シーズンはコルドバでプレーし、再びカステジョンに復帰。この間に大きく成長を遂げたため、クラブがトップチームに呼び戻した。
 
1973-74シーズンにファーストチームでデビューを果たすと、その後は11シーズンにわたってネッツァー、ベラスケス、そしてピリ と共に素晴らしい中盤を形成し、エル・ブランコに9つのトロフィーをもたらすなど活躍した。
 
選手時代のハイライトはバルセロナと対戦した1974年のスペインカップ決勝。エル・ブランコはクライフ監督のバルサにリーグ戦で0-5と大敗していたが、モロウニー監督 に率いられたチームは4-0と見事にリベンジを果たし、ビセンテ・カルデロンでトロフィーを掲げた。スペイン代表では1980年にイタリアで開催された欧州選手権を含め、通算18試合に出場している。
 
監督として2度のチャンピオンズリーグ制覇

監督としてはマドリードで7つのトロフィーを獲得。これには2000年と2002年のチャンピオンズリーグ優勝も含まれているが、2度の欧州制覇は、1950年代と1960年代の偉大なるチームと並び称される快挙となっている。

まずクラブのさまざまな年代のユースチームを指揮したのち、1994年にファーストチームの暫定監督に就任。1996年にも一時、チームを率いた。その3年後、初めて正式にファーストチームの監督になると、4年間在任。その3年目と4年目にチームをまさに頂点へと導いた。

マドリードを離れたあとは、トルコのベシクタシュを率いたのちスペイン代表の監督に就任。欧州選手権制覇に続いてスペインをワールドカップ初優勝へと導くなど快挙の連続で、世界屈指の監督としての地位を確かなものとした。


 


獲得タイトル

獲得タイトル選手):
リーガ5回
スペインカップ4回
 
獲得タイトル監督):
UEFAチャンピオンズリーグ2回
インターコンチネンタルカップ1回
UEFAスーパーカップ1回
リーガ2回
スペイン・スーパーカップ1回

null
Buscar