レネ・ペティト レナト ペティト・デ・オリ

1914 · 1917
出生地
ダクス(フランス)
生年月日
08/10/1899

エル・ブランコの初代スター

ポジション:FW
出場試合数:公式戦29
通算得点数:14
フランス代表:2試合

サッカー選手としての総合的力に優れ、レアル・マドリードのクオリティーを飛躍的に高めたフランス人FW。フィジカルの強さと類まれなテクニック、視野が広く優雅なプレーでマドリディスタのアイドルになった。
 
兄ジュアンと共にレアル・マドリードのカンテラに加入したのは1914年。すぐにファーストチームで定位置を確保すると、チームは再びすべての大会でタイトルを争うようになる。在籍2年目のシーズンにはスペインカップ決勝でアレナス・デ・ゲチョと対戦し、敗色濃厚だったチームを救う鮮やかな同点ゴールをマーク。これで立ち直ったエル・ブランコはリカルド・アルバレスが決勝点を奪い、見事な逆転勝利で栄冠を手に入れた。
 
退団後はレアル・ウニオンでプレーを続け、さらに三度のカップ戦優勝を経験。フランス代表としてもアントワープ五輪に出場し、チームを準決勝まで導いた。奇しくもこの大会で銀メダルを獲得したのがスペインである。
 
現役引退後、レアル・マドリードが創設50周年を迎えた1952年には、サンティアゴ・ベルナベウからダイヤモンドがちりばめられたゴールドの勲章を授かる。クラブ史上初の偉大なスターに対し、最大限の敬意が示された瞬間だった。1989年10月14日死去


獲得タイトル

スペインカップ1回
地域選手権3回


Buscar