1. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    デポルティボデポルティボ
    試合情報
    リーガ, 15節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2016/12/10
    20:45

    シェア

    次へ

    リーガ20:45レアル・マドリードvsデポルティボ

    前へ
  2. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    グラナダグラナダ
    試合情報
    リーガ, 17節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2017/01/07
    13:00

    シェア

    次へ

    リーガ13:00レアル・マドリードvsグラナダ

    前へ

チケット購入方法を選択

ガルシア・レモン マリアノ ガルシア・レモン

1966 · 1986
出生地
マドリード(スペイン)
生年月日
30/09/1950

レアル・マドリードのゴールを15年間守り続けた守護神

ポジション:GK
出場試合数:公式戦231
スペイン代表:2試合

現役当時は同時代で最高のGKの一人として高く評価され、1966年にレアル・マドリードに加入。それから約20年にわたってクラブを支え、12ものタイトルをもたらした。ラージョ・バジェカーノのカンテラで選手生活をスタートし、ペドロ・エギルス監督の目に留まってレアル・マドリードのカンテラに引き抜かれた。

抜群の読みと反射神経でシュートを阻止する一方、的確な指示で守備組織を統率。さらに最後尾からチームを鼓舞し続けた。欧州の舞台でも素晴らしいパフォーマンスを披露し、国際的に高い評価を獲得。ディナモ・キエフ戦での活躍により「オデッサの猫」という異名を授かった。

レアル・マドリードでは各年代のカンテラを経てファーストチームへ昇格したものの、フンケラミゲル・アンヘルアグスティンなどトップクラスのGKとポジションを争わなければならなかった。それでもファーストチームに上り詰めると、現役引退までに無数のタイトルを獲得している。
 
監督としてエル・ブランコに復帰
 
1986年の引退後は複数のクラブを渡り歩き、スカウトやカンテラの監督、ファーストチームのアシスタントコーチを担当。その後はスポルティング・ヒホン、アルバセテ、ラス・パルマス、サラマンカ、ヌマンシア、コルドバで指揮を執った。
 
2004年にはレアル・マドリードに復帰し、ホセ・アントニオ・カマチョの後任としてファーストチームの監督に就任する。しかしわずか3カ月で解任され、バンデルレイ・ルシェンブルゴにチームを引き継いだ。


獲得タイトル

現役時代の獲得タイトル:
UEFAカップ2回
リーガ6回
国王杯4回

 

null
Buscar