マノリン・ブエノ マヌエル ブエノ・カブラル

1959 · 1971
出生地
セビージャ
生年月日
05/02/1940

左サイドの万能なテクニシャン

ポジション:ミッドフィールダー
出場試合:公式戦119
得点:27

マノリン・ブエノはドリブル、ボールコントロール、チームメイトへのアシストでその才能を発揮した。12シーズンのクラブ在籍期間でマドリードの歴史に名を残し、ファンの心を掴んだ。しかしながらパコ・ヘントと同じ時期のプレーだったためほかのレジェンド選手ほどはプレーしていない。

アンダルシア出身の選手はあのカンタブリアの突風(ヘント)不在時のこれ以上ない替わりの選手で、100試合以上に出場し27点を決めた。19歳当時にロス・ブランコスの一員となり、将来性豊かで当時のスペイン人サイドアタッカーとしては最高レベルの一人だった。

選手の息子、マヌエル・ブエノ・フェルナンデスはセビージャのゴールキーパーとして1部リーグでプレーした。マドリード所属時代にはスペイン代表に招集されたものの公式戦デビューするには至らなかった。ブエノはカディスから1959年に加入、31歳の時にセビージャへ移籍した。


獲得タイトル

チャンピオンズカップ2回
インターコンチネンタル杯1回
リーガ8回
スペイン杯2回

 

Buscar