ナバーロ ホアキン ナバーロ・ペローナ

1949 · 1957
出生地
ガバ(バルセロナ)
生年月日
02/08/1921

スペイン人初のFIFA世界選抜選手

ポジション:DF
出場試合数:217
通算得点数:3
スペイン代表:5試合

1953年にスペイン人として初めてFIFA世界選抜チームでプレーし、「フィフォ」というニックネームを授かった。その多才な能力と献身により、特に問題なくディフェンダーにシフトすることもできた。素早く、そして守備に徹するプレーはマイケル・キーピング監督にとって大きな発見となった。ウインガーの習性として驚くほど前線まで押し上げることもあり、そのことによってライバルたちとは一線を画していた。
 
20歳でキャリアをスタートし、1941-42シーズンにバルセロナと契約。しかしすぐにサバデルへと移籍し、クラブの2部降格時までプレーした。1949年にサンティアゴ・ベルナベウ会長と技術担当のエルナンデス・コロナド氏から「いつでもチームに来てくれ」という手紙を受け取り、白のユニフォームに袖を通す契約を結んだ。
 
エル・ブランコの監督はナバーロを守備に配置。デビュー戦となったバルセロナ戦では、相手のレジェンド、エスタニスラオ・バソラをマークするよう指示を受け、チームは6-1で勝利した。ディフェンダーとして8シーズンにわたってプレー。「ウインガーとしてプレーするのが好きだったから、よく前線に上がっていたけど、皆にクレイジーだと言われたよ」と語っている。マドリード在籍時には国内外でタイトルを獲得。スペイン代表としても5キャップを記録している。2002年11月5日死去


獲得タイトル

欧州チャンピオンズカップ2回
ラテンカップ1回
スモール・ワールドカップ1回
リーガ3回

Buscar