1. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    ボルシア・ドルトムントボルシア・ドルトムント
    試合情報
    チャンピオンズリーグ, 6節 (グループリーグ)
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2016/12/07
    20:45

    シェア

    次へ

    チャンピオンズリーグ20:45レアル・マドリードvsボルシア・ドルトムント

    前へ
  2. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    デポルティボデポルティボ
    試合情報
    リーガ, 15節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2016/12/10
    20:45

    シェア

    次へ

    リーガ20:45レアル・マドリードvsデポルティボ

    前へ

チケット購入方法を選択

ケサダ フェリックス ケサダ・マス

1922 · 1936
出生地
マドリード(スペイン)
生年月日
01/07/1902

1920年代のアイドル

ポジション:DF
出場試合数:246
通算得点数:32
スペイン代表:9試合

マドリードのアイドルとして愛された地元出身のディフェンダー。パワフルで献身的、ガッツと気迫あふれるプレーを武器に、レアル・マドリードの一員として素晴らしいキャリアを築き上げた。

レクレアティボ・エスパニョールで頭角を現したあと、レアル・マドリードのカンテラと契約。闘争心を生かしたプレーで1922年にはファーストチームの先発に定着する。その時点ではまだ20歳にもなっていなかった。ディフェンダーとしては高さに恵まれなかったが、簡単には突破を許さないポジショニング、相手フォワードとの駆け引きにも非凡な才能を持っていた。
 
シュートも得意とするPKのスペシャリストで、ファーストチームでの14年間に挙げた33ゴールの大半をPKから記録。サモラシリアコキンコセスらと強固なディフェンスを構築し、レアル・マドリードのリーガ初制覇を含む2度の優勝(1932、1933)に貢献している。

力強いプレーと気持ちの強さでスペイン代表にも選出され、計9試合に出場。自身最後の代表戦がそのハイライトで、1929年5月15日にメトロポリターノ・スタジアムで対戦したイングランドを4-3で下した。イングランドがイギリス・アイルランド以外で初黒星を喫したこの試合、当時のレポートにはケサダがスペインを牽引したと記されている。1959年7月9日死去
 


獲得タイトル

リーガ2回
地域選手権7回
マンコムナード(地方選手権)5回

 

null
Buscar