アティエンサII   アンヘル アティエンサ・ランデラ

1954 · 1960
出生地
マドリード
生年月日
16/03/1931

初期のチャンピオンズカップを獲得したチームのDFを形成

ポジション:DF
公式戦出場:99試合

アンヘル・アティエンサ・ランデラは兄弟のアドルフォと1年間、レアル・マドリードで一緒だったためアティエンサIIで知られており、初期のチャンピオンズカップを獲得したメンバーのレギュラーDFの一人として歴史に残っている。特出すべき点は1956年のスタッド・ランス、1958年のミランとの激しい決勝での仕事ぶりだった。

レスメスII 、サンタマリア、またはマルキートスとともに、サポーターに伝説で満ち溢れていた当時のチームの守備のキープレーヤーとして認識されていた。またリーガ3度の獲得にも積極的に参加している。

レアル・マドリード入団前はサラゴサで活躍。そしておかしなことに引退後はアーティストとなり、ステンドグラスや壁画作成で傑出していた。2015年8月22日死去。


獲得タイトル

チャンピオンズカップ:4回
コパ・ラティーナ:2回
リーガ:3回


 

 

Buscar