1. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    デポルティボデポルティボ
    試合情報
    リーガ, 15節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2016/12/10
    20:45

    シェア

    次へ

    リーガ20:45レアル・マドリードvsデポルティボ

    前へ
  2. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    グラナダグラナダ
    試合情報
    リーガ, 17節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2017/01/07
    13:00

    シェア

    次へ

    リーガ13:00レアル・マドリードvsグラナダ

    前へ

チケット購入方法を選択

ディ・ステファノ アルフレド ディ・ステファノ・ラウリェ

1953 · 1964
出生地
ブエノスアイレス(アルゼンチン)
生年月日
04/07/1926

歴代最高のサッカー選手

ポジション:FW
出場試合数:公式戦510
通算得点数:418
スペイン代表:31試合

レアル・マドリード史上最高の選手。攻撃でも守備でも、あらゆるポジションでプレーできた。このピッチ内外のリーダーを得て、エル・ブランコは全盛期に到達。欧州チャンピオンズカップ5連覇という、いまだどのクラブも成し得ていない偉業を達成した。ドリームチームでの活躍により、1957年と1959年にバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を手にしている。 −さらにスーパー・バロンドールを保持する唯一の選手。1989年に受賞したこのトロフィーは、現在レアル・マドリードのミュージアムで観覧が可能となっている。
 
19歳のときにリーベル・プレートでデビューを果たすと、21歳でアルゼンチンのリーグを制覇。大会得点王となった。アルゼンチン・サッカー界で起きたゼネストによりコロンビアに移住し、ミジョナリオスでリーグ優勝。“サエタ・ルビア(ブロンドの矢)”のプレーは人々を魅了し、マドリードとバルセロナが、この当時世界ナンバー1プレーヤーをめぐって激しい争奪戦を繰り広げたが、最終的にマドリードが契約を結ぶことに成功した。
 
ディ・ステファノの辞書には「勝利」しかなく、マドリードでのキャリアは成功に満ちたものだった。11シーズンで獲得したトロフィーは18個。公式戦308得点を記録し、クラブのシンボル、そしてファンのアイドルとなった。欧州チャンピオンズカップ決勝ではそのすべてで1点以上を挙げている。
 
当時のマドリードはスペイン、そして欧州サッカー界を席巻。その中心に君臨していたのがディ・ステファノだった。スペイン国籍も取得してスペイン代表で31試合に出場したが、国際大会の本大会には一度も出場する機会がなかった。
 
 キンタ・デル・ブイトレ(ハゲワシ部隊)のドン

監督としては、のちにチームの中心となるカンテラ出身の若手を積極的に起用。ブトラゲーニョ、サンチス、マルティン・バスケス、そしてパルデ が、このアルゼンチン人監督の下でファーストチームでのデビューを果たし、ほどなくミチェルがアマンシオと共にこれに続いた。

最初に率いたチームはボカ・ジュニアーズで、アルゼンチンのリーグとカップと獲得した。その後スペインに戻ってバレンシアの監督に就任し、1971年にリーガで優勝。スポルティング、ラージョ・バジェカーノ、そしてカステリョンなどを率いたのちバレンシアに戻り、1980年にUEFAカップウィナーズカップを制した。

1982年に初めてレアル・マドリードの監督に就任。2年間でチームを作り直し、5つの大会で2位へと導いた。1990年11月にはジョン・トシャック監督 の後任として再び指揮官に復帰。2014年7月7日の死去までクラブ名誉会長としてその足跡を残した


獲得タイトル

獲得タイトル(選手):
欧州チャンピオンズカップ5回
インターコンチネンタルカップ1回
ラテンカップ2回
スモール・ワールドカップ1回
リーガ8回
スペインカップ1回
ピチチ賞(リーガ得点王)5回(1953-54、1955-56、1956-57、1957-58、1958-59)
 
獲得タイトル(監督):
スペイン・スーパーカップ1回
Alfredo Di Stéfano Alfredo Di Stéfano 1ª Copa de Europa 2ª Copa de Europa 3ª Copa de Europa 4ª Copa de Europa 5ª Copa de Europa
Buscar