1. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    デポルティボデポルティボ
    試合情報
    リーガ, 15節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2016/12/10
    20:45

    シェア

    次へ

    リーガ20:45レアル・マドリードvsデポルティボ

    前へ
  2. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    グラナダグラナダ
    試合情報
    リーガ, 17節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2017/01/07
    13:00

    シェア

    次へ

    リーガ13:00レアル・マドリードvsグラナダ

    前へ

チケット購入方法を選択

マヌエル・サインス マヌエル・サインス・マルケス サインス・マルケス

1959 · 1969
出生地
テトゥアン(モロッコ)
生年月日
28/08/1940

「成功の具現者」

肉体も魂もバスケットボールとレアル・マドリードに捧げた男。コートでも、ベンチでも、そしてオフィスでも、“ロロ”・サインスはクラブに成功をもたらし続けた。自身は監督としての経歴を最も重視しているが、選手として、そしてスポーツディレクターとしても数々のトロフィーをクラブに運んだ。

レアル・マドリードのリザーブチームであるエスペリアでスモールフォワードとしてキャリアを開始。間もなくしてファーストチームでポイントガードとして活躍するようになり、その類いまれなリーダーシップとビジョンでコートに君臨。1960年代にスペインと欧州を席巻したレアル・マドリードの中核として輝かしいキャリアを送った。

現役引退後、休む間もなく指導者生活をスタート。3年に及ぶユースチームでの監督経験を経て、ファーストチームを指揮していたペドロ・フェランディスのアシスタントに就任。1975年にはその後継者として監督に昇格した。

「マスター」と呼ばれた前任者を引き継ぐという難しい課題を克服し、それ以上の成功を実現。リーガACBのタイトルを8度、国王杯を2度、欧州チャンピオンズカップを2度、欧州カップウィナーズカップを2度、インターコンチネンタルカップを3度、コラッチカップを1度手にし、世界クラブ選手権優勝も果たした。数年後の1993年にスペイン代表監督に就任すると、1999年にフランスで開催されたユーロバスケットで銀メダルを獲得している。


獲得タイトル

選手時代:

  • 欧州チャンピオンズカップ(1964、1965、1967、1968)

  • リーガACB(1961、1962、1963、1964、1965、1966、1968)

  • 国王杯(1961、1962、1965、1966、1967)

 
監督時代:

  • 欧州チャンピオンズカップ(1978、1980)

  • インターコンチネンタルカップ(1976、1977、1978)

  • 欧州カップウィナーズカップ(1984、1989)

  • コラッチカップ(1988)

  • 世界クラブ選手権(1981)

  • リーガACB(1976、1977、1979、1980、1982、1984、1985、1986:レアル・マドリード、1991、1992:ホベントゥート・バダローナ)

  • 国王杯(1977、1985、1986、1989)


null
Buscar