1. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    デポルティボデポルティボ
    試合情報
    リーガ, 15節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2016/12/10
    20:45

    シェア

    次へ

    リーガ20:45レアル・マドリードvsデポルティボ

    前へ
  2. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    グラナダグラナダ
    試合情報
    リーガ, 17節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2017/01/07
    13:00

    シェア

    次へ

    リーガ13:00レアル・マドリードvsグラナダ

    前へ

チケット購入方法を選択

フェルナンド・マルティン フェルナンド マルティン・エスピナ

1981 · 1990
出生地
マドリード
生年月日
25/03/1962

「スペイン人初のNBA選手」

1980年代、レアル・マドリードのリーダー的役割を一身に担った。その地位に値するカリスマ性、人柄、才能で、この時代最高のスペイン人バスケットボール選手との称賛を欲しいままにした。ユース時代をエストゥディアンテスで送ったのち、当時では最高記録となる移籍金2000万ペセタでマドリードに加入した。

当時はチームのあり方、さらにはそのプレースタイルまでも左右する文句なしの主軸選手だった。そのとてつもない才能で、スペイン内外で多くのタイトルを獲得。バルセロナのオーディー・ノリスとは、スペインのバスケットボール史に残る名勝負を繰り広げた。さらにスペイン代表としても黄金期のメンバーに名を連ね、ナントでのユーロバスケット(1983)、さらにはロサンゼルス五輪(1984)で、それぞれ銀メダルを獲得している。

1985年にはニュージャージー・ネッツからドラフト指名を受けるが、最終的にはポートランド・トレイルブレーザーズからのオファーを受け、史上初のスペイン人NBA選手となる。オレゴン州に本拠を構える同チームと契約し、1986-87シーズンをアメリカでプレーした。その先駆的なキャリアは、後に続く多くのスペイン人選手に新しい道を切り開いた。

NBAでの経験を経て、このセンターは故郷マドリードへの帰還を果たす。その後も順調にタイトルを獲得していったが、1989年12月3日の午後、悲劇的な交通事故に遭い帰らぬ人となる。あまりにも早く世を去ったマドリードのレジェンドを惜しみ、背番号10は永久欠番とされた。


獲得タイトル

リーガACB(1982、1984、1985、1986)
国王杯(1985、1986、1989)
欧州カップウィーナーズカップ(1984、1989)
コラッチカップ(1988)
オリンピック、銀メダル(1984)
ユーロバスケット、銀メダル(1983)

null Real Madrid - CAI Zaragoza Fernando Martín
Buscar