1. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    デポルティボデポルティボ
    試合情報
    リーガ, 15節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2016/12/10
    20:45

    シェア

    次へ

    リーガ20:45レアル・マドリードvsデポルティボ

    前へ
  2. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    グラナダグラナダ
    試合情報
    リーガ, 17節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    2017/01/07
    13:00

    シェア

    次へ

    リーガ13:00レアル・マドリードvsグラナダ

    前へ

チケット購入方法を選択

ペトロビッチ ドラジェン・ ペトロビッチ

1988 · 1989
出生地
シベニク(クロアチア)
生年月日
22/10/1964

「シベニクが生んだ天才」

名プレーヤーでありバスケット界のレジェンド。このクロアチア出身のシューティングガードは、ヨーロッパ大陸が生んだ最も才能あるプレーヤーの一人だった。ツィボナ、レアル・マドリード、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ニュージャージー・ネッツと、在籍したすべてのチームで結果を残し、上質のプレーでファンを魅了した。

レアル・マドリードとの契約は一筋縄ではいかなかった。1980年代終わりの当時、28歳未満のユーゴスラビア人選手は国外クラブと契約することを禁じられていた。そのため、ビリュコフ、ロジャーズ、フェルナンド・マルティンらを擁し、バスケットボール史上屈指の強さを誇ったレアル・マドリードがペトロビッチを獲得するには、そのルールを変えてもらう必要があった。

スナイデロ・カセルタと対戦した1989年の欧州カップウィナーズカップ決勝での活躍は、今でもファンの間で語り草となっている。ペトロビッチの63得点、そして卓越したゲームコントロールにより、レアル・マドリードは新たな欧州タイトルを獲得。シベニクが生んだ天才がエル・ブランコのレジェンドとしてファンに認められた瞬間だった。

欧州を席巻した後、NBA挑戦のために大西洋を渡り、紛れもなく一流のプレーでアメリカのファンにも高く評価された。しかし、彼を待っていたのは悲劇の結末だった。1993年春、ニュルンベルクとミュンヘンを結ぶアウトバーンA9号線で事故に遭い、帰らぬ人となった。


獲得タイトル

国王杯(1989)
欧州カップウィナーズカップ(1987:ツィボナ、1989:レアル・マドリード)
欧州チャンピオンズカップ(1985、1986:ツィボナ)
ユーゴスラビアリーグ(1985)
ユーゴスラビアカップ(1985、1986、1988)
オリンピック、銀メダル(1988)
オリンピック、銀メダル(1992)
オリンピック、銅メダル(1984)
世界選手権、金メダル(1990)
世界選手権、銅メダル(1986)
ユーロバスケット、金メダル(1991)
ユーロバスケット、金メダル(1989)
ユーロバスケット、銅メダル(1987)

null
Buscar