1. Close
    Live the match in サンティアゴ・ベルナベウ
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    ラス・パルマスラス・パルマス
    • チケット 最低価格 35€
    • Entradas Vip  最低価格 250€
    チケット購入
    試合情報
    リーガ, 25節
    サンティアゴ・ベルナベウ
    01-03-2017
    21:30

    シェア

    次へ

    リーガ21:30レアル・マドリードvsラス・パルマス

    前へ
  2. Close
    Live the match in WiZink センター
    レアル・マドリードレアル・マドリード
    vs
    エルバリフェ・グラン・カナリアエルバリフェ・グラン・カナリア
    • チケット 最低価格 15€
    • Entradas Vip  最低価格 100€
    チケット購入
    試合情報
    Liga Endesa, 22節
    WiZink センター
    26-02-2017
    18:30

    シェア

    次へ

    Liga Endesa18:30レアル・マドリードvsエルバリフェ・グラン・カナリア

    前へ

チケット購入方法を選択

2011-2020

2014/15シーズンは9度目のユーロリーグ制覇を含む4タイトルを獲得し歴史的なものになった。その成功は2015/16シーズンも継続しリーガと国王杯の2冠達成で幕を閉じた。またこの国王杯は2017年大会で4連覇を果たすために獲得したものとなった。

フロレンティーノ・ペレスが2度目のクラブ会長職に就任した2009年以来、バスケットボールチームへのバックアップはより完璧なものとなる。ヨーロッパで最も高名な指導者、エットーレ・メッシーナが監督に就任。NBAからはルディ・フェルナンデス、セルヒオ・ロドリゲス、そしてジェイシー・キャロルらの将来有望株も加入した。また、セルジ・イバカがアメリカのリーグ停止期間にプレーしたこともあった。

2011年夏、かつてレアル・マドリードの選手だったパブロ・ラソが監督に就任すると、いよいよバスケットボールチームの活性化は本格化する。その攻撃的プレースタイルは1戦目から披露され、2012年には国王杯に優勝。ラソ監督のバスケ哲学がチームに根付いた2013年にはユーロリーグ決勝に進出、リーガACBもバルセロナを破って優勝した。2013/14シーズンはスーパーカップを掲げる滑り出しで、2月には24回目となる国王杯優勝を果たした。

2014/15シーズン、9度目のヨーロッパカップを獲得。チームは3シーズン連続で決勝に進出していた。欧州での成功に加え、32度目のリーガ、スーパーカップ、国王杯をバルセロナの目前で達成した。2015/16シーズンも勝者の勢いは止まらない。ブラジルのバウルに勝利しコパ・インターコンチネンタル、グラン・カナリアとの決勝を制し獲得した26度目の国王杯のタイトル、バルセロナを破り獲得した33度目のリーガのタイトルを手にしている。

2016/17シーズンの決勝戦ではバレンシア・バスケットを破り、4年連続、27度目となる国王杯を獲得した。

2011 - 2020
  1. 国王杯4連覇

    2017年2月、レアル・マドリードはビトリアでバレンシア・バスケットを97対95で破り、国王杯王者に輝いた。ラソ率いるチームはACBの歴史上初となる国王杯4連覇を達成。

  2. 2シーズン連続となる33度目のリーガ制覇

    2016年6月、レアル・マドリードはプレーオフ決勝でバルセロナを3勝1敗で破り、33度目のリーガ制覇を果たし連覇を達成し、リュルが2シーズン連続のMVPに

  3. インターコンチネンタルカップ

    2015年9月、レアル・マドリードはサンパウロでブラジルのバウル・バスケットを倒し、クラブ史上4度目となるインターコンチネンタルカップのタイトルを獲得した。リュルがMVPに輝いた。

  4. ノベナ(9度目のユーロリーグ優勝)

    2015年5月、レアル・マドリードはエル・パラシオ・デ・ロス・デポルテスで9度目のユーロリーグ優勝を達成した。決勝ではオリンピアコスを78-59で倒し、サポーターの前で成し遂げている。MVPにはノシオーニが輝いた。

  5. 32回目目のリーガタイトルは4冠の1つ

    2015年6月、レアル・マドリードはエル・パラウでバルセロナを破り、32度目のリーガタイトルを獲得。ロス・ブランコスはシーズン4つ目のタイトルを獲得し、史上初の4冠を達成した。

  6. 2年連続の国王杯

    レアル・マドリードはラス・パルマス・デ・グラン・カナリアで25回目の国王杯を掲げた。熱狂的な決勝戦では前年に続きバルセロナを71-77で下し、再びタイトルを獲得した。ルディーがMVPだった。

  7. 3年連続スーペルコパ優勝

    レアル・マドリードは3年連続でスーペルコパ・エンデサに優勝している。ロス・ブランコスはその全てでバルセロナと対戦し勝利。2012年はサラゴサ、2013年、2014年はビトリアで開催された。

  8. ホームにやって来た31度目のリーガACBタイトル

    2013年6月、レアル・マドリードはバルセロナを3-2で破り、パラシオ・デ・ロス・デポルテスでリーガACBタイトルを獲得した。

  9. ミロティッチとマドリードが国王杯を制覇

    ニコラ・ミロティッチが2014年国王杯のMVPに選ばれた。パワーフォワードの選手は、17得点11リバウンド3ブロックショットと驚異的なプレーを見せた

  10. 高空飛行のコパ

    2012年2月、レアル・マドリードはバルセロナで華々しいバスケットを展開し、コパ・デル・レイのトロフィーを掲げていた。セルヒオ・ジュルが23ポイントを決め、MVPに選ばれた。

攻撃バスケットの欧州王者

魅力的かつ攻撃的なパブロ・ラソ監督の取り組みは、多くのタイトルをもたらせている。その最も重要なものはエル・パラシオで獲得したユーロリーグである。2012年、ロス・ブランコスはバルセロナの街でバルセロナ相手にコパ・デル・レイを勝ち取った(74-91)。2012-13シーズンには31回目のリーガとスペイン・スーパーカップに勝利した。この時の相手はどちらもバルセロナ。その1シーズン後も再びスペイン・スーパーカップに勝利し、新たにコパ・デル・レイのトロフィーも掲げている。前年同様、対戦相手はどちらも再びバルセロナだった。しかし最高の瞬間はまだ訪れていなかった。2014-15シーズン、ロス・マドリディスタスはまず2012年、2013年に続き3年連続となるスペイン・スーパーカップに優勝した。その後、2014年に獲得したタイトルである国王杯を防衛し、そして今シーズン3個目のタイトルとなるノベナ(9度目のユーロリーグ優勝)をサポーターの前で達成した。オリンピアコス相手に78-59で勝利し、MVPにはノシオーニが選ばれた。シーズンの花を飾ったのはリーガ。4冠は欧州バスケットシーンでレアル・マドリードの壮大さを語るものだ。

歴史的な4冠

33歳のMVP

リーガACBにデビューして15年となるフェリペ・レジェスがチームを新たな王座に導く。常にベンチからコートに入るコルドバ出身の選手は、2012-13シーズンのバルセロナとのプレーオフで決定的な役割を果たした。レアル・マドリードは33試合中38勝という滅多にない好成績でクラブ通算31度目のリーガ優勝を遂げ、レジェスはアルビダス・サボニスと並ぶ、自身2度目のリーガACB決勝MVPに選出された。

 

33歳のMVP

記録づくめのマドリードが感動的な形で国王杯に優勝

2013年10月から2014年1月、レアル・マドリードはバスケット部門で史上最高の記録を作った。公式戦31試合に連勝(リーガ16、ユーロリーグ13、スーパーカップ2)とし、パブロ・ラソ監督率いるチームは、1960−61シーズンにフェランディス監督のチームを上回った。ACBリーグ無敗でパーフェクトは前半戦を送ったあと、ロス・ブランコスは通算24回目となる優勝を飾った。この試合で感情を高ぶらせる40分を過ごしたあと、試合終了まで0.1秒のところでセルヒオ・リュルがバルセロナを破るショットを決めた。またニコラ・ミロティッチがMVPに選ばれた。この国王杯は、チームにとって2013年のACBリーグ、スペインスーパーカップに続く3連続のタイトルとなった。
  

レアル・マドリードがマラガで通算24回目の国王杯を戴冠201
獲得タイトル
ユーロバスケット - 1

ユーロバスケット

1
リーガ - 3

リーガ

3
国王杯 - 5

国王杯

5
スペイン・スーパーカップ - 3

スペイン・スーパーカップ

3
インターコンチネンタルカップ - 1

インターコンチネンタルカップ

1
Buscar