Caixa Bank(カイシャ・バンク)はスペイン市場の中でも認知度の高い金融グループであり、銀行、保健事業及び国際的な銀行や企業に対する投資を行っている。Jordi Gual(ジョルディ・グアル)頭取、Gonzalo Gortázar(ゴンサロ・ゴルタサル)CEOが舵取り役の企業は約1600万人のクライアント、5500を超えるオフィスを構えている。同銀行は個人部門に関して29.5%のシェアを誇るリテールバンクのリーダーである。

カイシャ・バンクは品質、信頼と社会的コミットメントの企業価値に基づく銀行業務を行うことを念頭に置いている。同行の本質と特徴は社会との密とした関係にあり、銀行ファンデーション“La Caixa(ラ・カイシャ)”は、今年5億1000万ユーロの予算を組み、社会プログラム、文化研究と普及に投資をおこなっている。

2017年、カイシャ・バンクはレアル・マドリードC.F.とスポンサー契約を結びクラブの公式銀行となり、プロサッカーへのグローバルな取り組みを目指している。2月8日にBPI銀行の株式84,51%を取得したカイシャ・バンクにとって重要な市場であるスペインそしてポルトガルでの銀行部門に関する独占的なスポンサー契約合意である。

Buscar